2014年10月6日月曜日

六甲学院サッカー部2



 歳をとるにつれ、記憶力は衰える。このブログでも六甲学院のことを何度か書いたが、間違いが多い。

 六甲学院サッカー部の全盛期は佃幹夫先生が一番、気合いの入っていた昭和43年ころから昭和48年ころ、26期から31期が中心となった時代だった。1819期の時代も近畿大会に出場するなど、兵庫県、神戸市でも強豪校であったが、佃先生が昭和34年に体育教師に就任され、サッカー部の指導をするようになると、メキメキと力をつけた。

 昭和433月には、26期生を中心としたチームが近畿大会出場し、初戦に勝ったものの、準決勝では優勝した甲賀高校に惜敗した。その夏、長野県の戸狩村で合宿を行うが、高校生は26期生が引退し、27期の高校2年生は4名、28期の高校1年生は5名、29期の中学3年生が10名というさびしい陣容であった。ただ29期生には現在、俳優として活躍している大谷亮介さんなどサッカーセンスの高い選手が多くいたため、29期生が中心となった昭和465月のインターハイ兵庫県予選を勝ち抜き、六甲学院で初の全国大会出場となった。徳島で行われたインターハイでは、一回戦は米子東高校と対戦し、快勝したものの、二回戦では前年優勝校の浜名高校に逆転負けで破れた。

 昭和48年3月は、31期生が中心で、兵庫県予選で優勝して、京都で行われた近畿大会に出場した。一回戦は奈良の畝傍高校を3:0で快勝し、二回戦は2:1でからくも勝ったが(相手チームは不明)、準決勝は強豪の甲賀高校で、1:1でのまま引き分け、延長戦後、コイントスで勝利した(当時は今のようなPK戦はなかった)。そして決勝は、嵯峨野高校に1:0で勝利して、第25回近畿高等学校蹴球選手権大会を制した。

 ここまで六甲学院同窓会誌「伯友」(2013,13号)、“追悼 佃幹夫先生帰天”を参考にして書いているが、私もこの近畿大会には一回戦、二回戦、準決勝の3試合にGKとして出場しているが、自分の記憶では一回戦と準決勝の記憶しかなく、3つも試合したとは、この記事を読むまで忘れていた。さらに準決勝の相手は、赤のユニフォームを着た大阪代表の北陽高校とばかり思い込んでいたが、実際は滋賀代表の甲賀高校であった。甲賀高校はかなり大柄の選手が多く、小柄な六甲学院のチームではヘディングでは負けており、クロスボールに反応が遅れ、ヘディングでゴールされたが、反則か、オフサイドで無得点になったことだけ覚えている。ゴールされたとわかっていても、何も反応しないのはカッコ悪いので、ジャンプしただけだった。決勝は腰痛で欠場していた31期の雲井さんが復活して、無難な仕事をしたが、それまでの3試合は私のような不器用ものがGKしていただけにひやひやものであった。

 試合後、阪急六甲駅前の中華料理屋で、OBたちが祝賀会を開いてくれた。年配のOBも駆けつけてくれ、OBと会ったり、話したりすることもなければ、こういった祝賀会というのも初めてで、緊張した思い出がある。

 今はどうかしらないが、当時は高校3年生になれば受験のため、引退し、5月のインターハイ予選には、新チーム、高校2年生、1年生主体のチームで参加したが、31期生の何人か、浜田さん、辻村さん、白井さんなどが入った。ところが、西宮東高校で行われた決勝では、私のポカミスで神戸高校に3:1で負け、全国大会への出場は逃した。31期生とは違い、我々32期生は勝負への執着が少なく、何としても全国大会に出ようという意気込みがなかった。負けてもそれほどくやしくなかった。

 高校二年生の時は、佃先生が兵庫県の国体選抜チームに関係していたため、六甲学院からも大谷、関と私がその練習に参加した。GKの練習はいいのだが、最後に100m14秒で走り、帰りは1分で流すトレーニングがあった。10本だが、一人でも14秒を越えると全員、もう一度走らされる。私は鈍足で14秒がいっぱいだったので、私のために他のメンバーが何度も走らされ、その後のサーキットトレーニングでは両足の太もも、下肢の四つの部分がつった。しばらくは歩けず、そのまま練習からは離脱した。関は最終的には選抜メンバーに選ばれたが、校長から勉学に励むように説得され、辞退した。一週間の練習は3日、試験前の1週間は中止、授業を休んでの試合はできないなど、進学校特有の制限があった。よくこんな少ない練習量で、兵庫県で強豪だったかはわからない。佃先生の先端的な練習法の賜物と思うが、今のようなサッカーブームの中では高校サッカーも完全にプロ化しており、六甲学院のような進学校が近畿大会や全国大会に出場するのは不可能なのだろう。

 写真は、昭和46年、広島の国泰寺高校で、神戸市選抜:広島市選抜(中学)を行ったときにテレビ解説をしていただいた日本代表キャプテンだった八重樫茂生さんのサッカー本で、私も愛読した。

2 件のコメント:

寺田次郎 六甲学院・関西医大放射線科不名誉享受 さんのコメント...

いまでも、実力本位で選べば、六甲学院から2-3年に1人は日本代表クラスの逸材はいると思いますが、大人の事情でしょう。

広瀬寿秀 さんのコメント...

コメントいただき、ありがとうございます。最近のサッカー部はよく知りませんが、作年、母校を訪れた時に人工芝の美しいグランドに驚きました。29-32期の頃は、佃先生が兵庫県のサッカー連盟で力を持っていたので、私なども国体選手の練習に参加させてもらいましたし、中学の時は神戸市の選抜などにも選ばれました。これなどは実力もないので、コネで入ったようなものです。また大阪、神戸、京都大学では、サッカー部の卒業生が入学すると、すぐに勧誘がくるほど、ある程度は六甲学院も有名でした。同期生も早稲田大のサッカー同好会で岡田前監督と一緒にプレーしたと聞きました。
寺田先生は、最近のサッカー部のことをよくお知りになっており、個人的にはそれだけ逸材がいるのでしょう。関学の宇良ではないですが、一人くらいプロの選手になってほしいところです。