2019年12月12日木曜日

絵本の原画 たばたせいいち

たばたせいいちさんの絵本原画

他の2作品あります

 最近の現代アート作品には、額縁はほとんどなく、キャンバスをそのまま壁にかける。薄い紙に描かれた作品は、少し奥行きのある額縁に浮かせて飾る。額縁の中を壁に見立てて、そこに発泡スチロールを入れて少しかさ上げし、作品が浮いたようにする。あるいは白木、白のシンプルな額に入れ、マットをせずに、絵の四隅がそのまま額の周縁になるようにする。

 私の場合は、一般額よりは奥行きのある立体額というものが好きで、病院で飾っている絵は、白木の立体額にすることにしている。大きさや色、額の種類を統一すると、見た目が美しい。今回は、ヤフーオークションで絵本作家のたばたせいいちさんの“ダンプえいんちょうやっつけた”の原画を4点と日本学童ほいくの表紙原画1点を購入したので、それに合う額縁を買った。“ダンプえんちょやっつけた”の原画はマジックで書かれており、また絵本で文字が書かれているところは空白である。間が空いてしまうので、絵本をコピーしてその文字を切り取り、原画に貼り付けた。原画だけでは、つまらないが、きちんとした額に入れると見違えるほどよくなり、一種の現代アートとなる。白黒の作品はオシャレである。

 原作の“ダンプえんちょうやっつけた”は、100ページを超えるもので、一般的な絵本に比べるとかなり長い。保育園や幼稚園の子どもには長すぎるように思えるが、内容がこうした年齢の子供のツボにハマるのか、1978年以来すでに200刷以上のロングセーラーとなっている。何回かに分けて読み聞かせをするようだが、子供たちはあまり飽きないようである。子供の冒険心をかき立てるのだろう。これまで23枚の原画が売られ、今も4点の作品が出展されている。おそらくは出展者は全ての原画を持っていると思われ、もうしばらくオークションを賑わすだろう。流石に累計で200万部以上売れており、又吉直樹さんや広末涼子さんも推薦する“おしいれのぼうけん”については、草稿用の表紙案が一度オークションにでただけで、本に使われた原画そのものは出ていない。というにはこれだけ人気作品なので、あちこちの会場で原画展示会が行われ、来場者も多く、原画そのものをオークションに出すことはない。

 たばたせいいちさんの作品で次に売れたのが、手に障害を持つ女の子を描いた1985年発行の“さっちゃんのまほうのて”で、これは65万部のベストセーラとなった。この絵本の原画も、国内のあちこちで原画展が行われている関係上、オークションに出された作品は、試作やモチーフにしたものが多く、これも今のところ原画そのものは出ていない。アマゾンで調べてみるとたばたせいいちで検索される作品は7点くらいあり、“おしいれのぼうけん”、“さっちゃんのまほうのて”に順番になっていることから、その次に売れているのが2004年発行のひ・み・つ“で、の次は”ダンプえんちょうやっつけろ“と続く。このうち確実に絵本の原画として出ているのは”ダンプーー“のみである。

 はっきり言って、原画はマジックインクで書かれているために、コピーと全く区別がつかない。唯一の違いは、出版社に渡すときに原画は大きな紙にセロファンテープでとめられており、それが40年の年月で、テープ跡が黄色く変色している。最初、何とか脱色しようとしたが、よく考えれば、それが原画の唯一の特徴であり、残しておいた方が良い。絵本の原画は世の中にただ一つと考えると、欲しくなる誘惑にかられる。悪い癖である。

2019年12月8日日曜日

中村哲医師の死を想う





 アフガニスタンの復興に尽力した中村哲医師が殺された。誰によって殺されたか、今のところ不明であるが、計画的な犯行から組織的グループが関わった可能性が高い。すでにタリバーンは犯行を否定しており、それを信じるならば、最近勢力を増大しているイスラム国支部組織の可能性が高まる。おそらくは外国人のNPO組織や支援団体を殺害することで、国を混乱に貶めて、その混乱に乗じて自分たちの勢力を増大させようとするものであろう。

 個人的にはアフガニスタンの国民のために、人生を捧げた中村医師がこうした形で亡くなることは無念であるし、これまで日本とアフガニスタンとの間を行き来して、日本での募金をアフガニスタンの灌漑整備に回すと言うシステムがこれで消失するかもしれないと言う危惧もある。もちろん中村医師の意思を継ぐ人々が事業の継続に邁進するだろうが、シンボル的な人物を失うことで、事業の縮小は避けられず、さらに言うと日本人のアフガニスタンへの渡航がますます難しくなる。それ以上に現地アフガニスタンで、カリスマ的に事業を行なっていた中村医師がなくなった後、アフガニスタン人の中にそうした事業を引っ張る人物がいるのであろうか心配である。

 こうした一部の過激派、日本でも過去に連合赤軍などもいたが、基本的な考えは暴力革命を起こし、国を混乱させ、その混乱に乗じて政権を取るというもので、1970年代くらいまで、日本共産党もそうした思想であった。当事者にとっては真剣なものであるが、爆弾テロなどで犠牲になった人々からすれば本当に迷惑な話である。こうした異端の者を警戒するのは近代国家では、正当とみなされ、日本でも公安の監視対象となっている。一方、アフガニスタンのような混乱の地では、あまりに反政府グループが多く、それを取り締まるにはかなり暴力的な手段を使い、それがまた反政府運動を増大させる結果となる。被害を被るのは大部分の普通のアフガニスタン人であり、生活はますます困窮する。

 昔、ネパールを旅行したとき、エベレストの麓のナムチェバザールという所にトレッキングをした。その途中に、日本人の年配の夫婦が経営しているロッジに泊まった。話を聞くと、日本で長年、会社勤めし、老後にネパールに来て、学校をしているという。夕方になるとランプを持った子供たち10数名がこのロッジに集まり、授業開始である。我々も一日先生となり、この人と一緒に授業をした。こうしたボランティアで海外で活躍している日本人は中村医師以外にも多い。ただ不思議なことに宗教とは関係なく活動している人が多いのが日本の特徴である。韓国でも海外ボランティアが多く、存在するが、ほとんどがキリスト教関係の団体であり、欧米のボランティア団体もそうした宗教的な組織をバックボーンとした人が多い。

 大分県のボランティアおじさん、尾畠春夫さんもそうだが、こうした日本人の無宗教のボランティア精神は、どこから来るのか、不思議に思っている。おそらく仏教の善行から来るもので、良い行いをすれば良いことがあり、極楽に行けるという素朴な感情があるのだろう。キリスト教徒である中村医師もこうした古い感情が残っているのだろう。今ではこうした仏教からという概念もないが、それが阪神大震災を契機にボランティアという概念が定着した。今後とも日本人による海外でのボランティア活動がますます多くなると思うそれと同時に、今回の中村哲先生についても残された家族の生活はどうなるのか、心配になる。もちろん生命保険などには入っているだろうが、果たして国民年金や厚生年金などに入っているだろうか。文化功労者には毎年350万円の終身年金が支払われる。こうした日本のために貢献し、犠牲になった人物については、国で特別顕彰を行い、何とか文化功労者並みの残された家族が生活する額の年金を支給したらどうだろうか。誰も反対はすまい。

2019年12月5日木曜日

小児反対咬合を健康保険化へ その2

犬も矯正治療

 前歯のかみ合わせが逆になっている“反対咬合”の患者さんの頻度は、研究により違いますが、56%と言われ、100人中に5から6人の反対咬合の患者さんがいることになります。つまり小学校で言えば、1クラスに1名ないしは2名の反対咬合の患者さんがいることになります。

 前歯は、ものをかみ切って小さくする役目があります。うどんやそばを食べる時のことを考えてください。まず、前歯でうどんを小さくカットしてから奥歯に運び、そこですり潰して、飲み込みます。反対咬合だと、仮に前歯がかんでいたとしても、食べ物、うどんを前歯でかみ切るためには上から口に入れる必要があります。もちろんそんなことはできず、普通は下から口の中に入れます。では反対咬合の方はどのようにして食物を食べているかと言えば、前歯を経由せず、直接に奥歯に運びます。つまりうどんで言えば、長いうどんを奥歯に入れて、そこでかみ切り、すり潰します。前歯は何の役目もしていません。

 こうしたこともあり、多くの咀嚼能力の測定法では、上顎前突(出っ歯)や叢生(でこぼこ)の不正咬合では正常咬合との咀嚼能力の差は、研究によりまちまちですが、反対咬合については正常咬合に比べて咀嚼能力が落ちるという研究がほとんどで、これは間違いのないようです。咀嚼能力は、咬合力や咀嚼面積などと強い相関を持つため、反対咬合でも重度になれば、咀嚼能力もより低下するものと思われます。また社会心理的な影響も強く、反対咬合の患者さんでは上くちびるに比べて下くちびるが出ているために、少し怒っているような印象を与えることがあります。また反対咬合の患者さんによってはクラスで“しゃくれ”といじめれるケースもあります。

 現在、保険適用となる不正咬合は、唇顎口蓋裂に起因した不正咬合(その他、先天性疾患に起因したもの)と顎変形症に限られています。いずれも不正咬合の種類では、反対咬合の症例が大部分となります。唇顎口蓋裂児では口蓋の手術の関係で、上アゴの成長が抑制され、結果的に反対咬合となる患者さんが多い。また顎変形症とは咬合の改善するためには手術が必要なくらい顎のズレが大きい症例なのですが、90%くらいが反対咬合の症例となります。すなわち現行の健康保険化された不正咬合は、反対咬合であり、その治療法も一般的な反対咬合の治療法に準じます。

 それでは唇顎口蓋裂や顎変形症の反対咬合の治療が健康保険の適用になるのに、一般の反対咬合の治療はどうして保険扱いにならないのでしょうか。おかしなことです。最初に述べたように反対咬合の咀嚼などの機能への障害が大きいと思いますし、それ故に唇顎口蓋裂や顎変形症も病気とされて保険適用となりました。おそらくは保険適用の範囲を広げることが医療費の高騰につながるためだと思います。

 日本の出生率は約91万人、このうち反対咬合である子供の数は約5万人程度と思われます。すでに唇顎口蓋裂の矯正治療については40年以上の歴史があり、その保険システム、点数も決まっていますし、それをそのまま一般の反対咬合患者に当てはめることができます。保険適用の矯正治療については一般歯科のそれより点数が高く、おそらく1718歳くらいまでの総額は一人、7080万円くらいになります。そのうち30%は本人負担となりますので、政府負担の金額は50万円✖5万人の250億円となります。歯科医療費総額が27000億円ですから、そのだいたい1%くらいになります。どうでしょうか。新型戦闘機F35のだいたい二機分の値段です。

 日本の医療費の総額は、約426000億円。これらのかなりの部分が老人への医療費です。若者にとって、健康保険料の負担は自分たちにあまり還元されないものと思っても不思議でありませんし、現にそうなっています。年金だけでなく、医療費も若者世代が多く負担するとなると、将来的に加入者が減少する可能性があります。まして現在のように子供も虫歯が減少してくると、医療のうちの5%くらいを占める歯科医療については、全くタッチしないことになります。少なくとも子供を持つ親としては、自分たちが支払う健康保険料が少しでも還元されることを望むのは当たり前です。最近の健康保険の考えでは、本人の努力で疾患が発生しないようなものは健康保険の適用から除外するような流れとなっており、ヨーロッパでもう蝕などは注意すれば発生しない疾患として捉えられ、保険適用から除外されるような動きがあります。一方、不正咬合については生まれながらの疾患と捉えられ、北欧やイギリス、フランスなどでは健康保険の適用となっています。

 反対咬合患者の保険適用に関しては、健康保険が適用されている唇顎口蓋裂や顎変形症との適合性や医療費もなんとか捻出できる額にも関わらず、全く話題にならないのは、次のようなことが関係します。まず日本矯正歯科学会および専門医では、保険適用による治療レベルと収入の低下を恐れています。みんなが矯正治療するようになれば、治療レベルが下がるというわけです。ただ現実はすでに多くの一般歯科先生が治療しており、むしろ保険による縛りが働く(個別指導など)と思いますし、今の唇顎口蓋裂の施設基準に“小児の反対咬合症例”の語句を少し付け加えるだけでそのまま使えます。面倒なのでしょう。一方、日本歯科医師会は、反対咬合の矯正治療が保険に導入されると他の歯科医療費が減らされることを恐れています。さらにいうなら矯正治療を行なっている医院のみがメリットとなります。こうした一部の歯科医院のメリットとなる案件より一般歯科全体のメリットとなるものしか日本歯科医会は扱いません。

 マスコミや政治家が取り上げなければ、なかなか実現が難しい案件ですが、なんとかそうした方向に向かって欲しいところです。

2019年12月3日火曜日

週刊ダイヤモンド 歯医者のホント



 以前、週刊ダイヤモンドから矯正治療の費用や患者数のアンケートがきて、その集計をまとめた雑誌が先日、送られてきた。当院の一期、二期治療費は20万円ずつだが、雑誌では総額の治療費として30万円ずつとなっていた。調整料を含めればそれくらいなるかということか。また1年間の患者数は何人かという質問に対しては、最初は検査まで入った新患数を書いたが、実際に治療した患者数を教えて欲しいという電話があり、数え直し、確か727名と書いた。他の先生でもこの質問には混乱が多く、この数値はかなりデタラメである。

 この雑誌では、ブラケットやワイヤーの費用から、検査機材の費用までかなり詳しく調査していた。このブログでもあまりこのあたりは書いていなかったが、こうした雑誌でも取り上げられるなら、実際の費用について、もう少し説明しよう。

 矯正器材というと真っ先に思い浮かぶのは、歯の表面につけるブラケットと呼ばれるもので、この費用は種類によって異なる。まず最も安価なのは金属製ブラケットで一個が200円から400円くらいである。奥歯につけるチューブも金属製の場合も多いが、これも種類により450円から900円くらいとなる。非抜歯で28本全てつけるとなると、総額で12000円から15000円くらいとなる。接着材料費も含めて、材料代が2万円を超えることはない。白いタイプのコンポジットレジンのブラケットは一個800円くらいなので、全部で23000円くらい、セラミックのものは会社によって違うが、安いもので一個1000円、高いもので3500円くらいする。高いもので換算すると全部で8万円くらいになる。さらに裏側につけるリンガルブラケットの場合は、ブラケット自体は一個1500円くらいであるが、歯につける位置決め用のトレーを技工所で作るのでそれの費用が別にかかる。多分、ブラケット代込みで15から20万円くらいであろう。ワイヤーについても安いのは一本100円くらい、高いので1000円くらいで、他のゴム、結紮線、モジュールなどは数十円程度である。また矯正用プライヤーはかなり高く、一本25000円くらいし、1人に私のところでは4種類のプライヤーを基本としているので、それぞれ20セットくらい用意している。ただこれもカッター類は5年ごとに交換するものの、他のプライヤーは10年以上、楽にもつ。それほど大きな出費ではない。

 週刊ダイヤモンドでも、このあたりのことはきちんと書かれており、矯正治療費が高いのは、こうした材料費ではなく、技術料であると結論している。つまり通常の表側からの矯正治療費が80万円とすると、このうち材料費が占める割合は多くても10%程度であり、人件費、家賃などの経費や減価償却費を含めても40%、残りの60%は技術料であり、一般歯科と比べてもその割合が高いとしている。同じことは美容院でもそうで、シャンプー代やハサミの値段はたかが知れており、その料金のほとんどはカットも含めた技術代となる。それゆえ、原価率が低いのはけしからん、安くしろというものではない。

 こうした技術料という観念は今のネット社会では、不合理なものとみなされがちであるが、実は多くあり、弁護士にしても材料費なるものは存在しないし、家庭教師、塾だってそうである。人が直接関係するような仕事では、この技術料というのは直接、料金となる。ただいずれも人が技術料に金を払うのは、その専門性に対してであり、全く人の髪を切ったこともない素人に高額な料金を払うことはない。いくら高くても結果が良くて、満足するなら、金は出す。こうした点からすれば、優れた矯正歯科医の治療費が最も高いということになるが、日本臨床矯正歯科医会の先生、日本矯正歯科学会の専門医の先生を見ても、平均か、それ以下の料金であることが多い。逆に一症例に数百万円とるような先生でまともな治療、少なくとも上記の優れた臨床技術を持つ先生のレベルには達していない。

 歯科医の言葉に踊らされ、すぐにそこの歯科医院で矯正治療を始める患者さんがいるが、一旦、治療契約して治療費を払うと、他の所で治療したくなっても、転医はかなり難しく、治療費の返却も難しい。さらにうちの医院もそうだが、多くの矯正歯科医院では、他で治療を受けている患者さんの治療は基本的には行わない。患者を奪ったと勘違いされるからで、遠方へ転住して通院が困難な場合以外は、元の歯科医院でよく相談して治療を続けるように指示する。中には明らかにひどい治療の場合もあるが、職業倫理上、これまでの経過を知らないまま軽はずみに他歯科医院の悪口は言えない。それ故、どこで治療を受けるかが矯正治療では決定的に重要なことになってくる。

2019年12月2日月曜日

イエズス会、フランシスコ教皇



 日本でのキリスト教の最初の布教が、イエズス会の創立メンバーの一人、フランシスコ・ザビエルであることはよく知られており、その後も、ルイス・フロイスなどの優秀な宣教師により日本人信徒も増えていった。有名な天正遣欧少年使節の4名の少年も全てイエズス会員であり、今回、ローマ教皇が訪れた日本二十六聖人記念碑で祀られた殉教者の中には、パウロ三木、ヨハネ草庵、ディエゴ・喜斎の3名のイエズス会員がいる(他には4名のスペイン人、メキシコ人、ポルトガル人フランシスコ会司祭、修道士と17名の日本人信徒がいる)。殉教者に対するローマ教皇の対応は、1629年には23名のフランシスコ会の信徒と3名のイエズス会の信徒が福者に、さらにかなり遅れて、全ての殉教者が1862年には聖人となった。

 明治維新後、イエズス会が再度、日本での布教を開始したのはプロテスタン会派に比べてかなり遅く、1905年(明治38年)のことで、フランシスコ・ザビエルの“日本のミヤコに大学を”という言葉に基づく。もともとイエズス会は若者の教育に熱心であり、欧米を中心に多くの学校を建てた。日本にもカソリックの高等教育機関、大学を建てるために、ローマ教皇からオコンネル司教が派遣され、できたのが上智大学で、1928年の設立となる。プロテスタン系の同志社大学は1875年に創立、大学となったのが1920年、立教大学は1874年創立、1920年に大学、関西学院大学は1889年創立、1932年に大学となったが、青山学院大学は1874年創立だが、大学になったのは戦後、1949年である。大学を東京に作ったイエズス会は、関西の拠点として神戸、六甲学院を1937年(昭和12年)に作った。よくこの時代にキリスト教の学校を作ったものだと感心する。その後できたのが、1947年創立の横浜の栄光学院、1956年創立の広島学院、2011年にイエズス会系となった上智福岡中学校高等学校である。

 今では神父の数も減ってきたが、私のいた頃の六甲学院では、40名くらいの先生のうち134名が神父で、さらにその半分が外国人教師であった。また上智大学からは若手の外国人先生が短期に赴任することもあった。外国人教師は、上智大学を母体として、そこで日本語を学び、専門学科を学び、関係高校に派遣される。逆に高校の教師をしていて、上智大学の教授になることもある。他の姉妹校のことはわからないが、二、三年に一度、六甲高校を卒業後、上智大学神学部に入り神父になる人がいる。私の学年でも、成績が良く京都大学は確実に合格できた長町裕司上智大学教授がいるし、訓育生であった瀬本正之さんも京都大学理学部を卒業後に上智大学神学部に入学し、今は上智大学神学部教授になっている。サッカー部の同級生も東京大学卒業後に民間企業に就職し、その後、神父になろうとした。高校内に修道院のような建物があるせいか、入学時10名くらいしか信者がいなかったが、卒業時には50名くらいは信者になっていた。

 今回のローマ教皇は、カトリック始まって以来のイエズス会出身の教皇で、上智大学のみならず、姉妹校の六甲学院、栄光学院、広島学院でも大いに盛り上がったのだろう。忙しい日程の最後にフランシスコ教皇が上智大学を訪れたのは、この上ない名誉である。教皇の通訳をしていたアルゼンチン出身の神父も一時、六甲学院の教師をしていたようだ。教皇も若い頃は日本に宣教に行きたかったが、健康上の理由で諦めたと述べているが、運命が違えば、上智大学や六甲学院で教師をしていたのかもしれない。

2019年12月1日日曜日

アートのプレゼントは

マッティ・ピックヤム


丸山直文


たばた せいいち


 新築、開業、結婚祝いなど、誕生日やクリスマス以外でも、プレゼントする機会が多い。子供の誕生日では、洋服や靴でもサイズや好みを知っているので、それでも悩むが、プレゼントする品の種類は多い。前から欲しがったいたものを、デパートや最近ではアマゾンで購入して送ったり、現金が良ければ、それもありと考えている。ただそれ以外の人にプレゼントするとなると、プレゼントの選択は非常に悩む。

 プレゼントする場面でも異なるが、例えば、新築や開業祝いであれば、2万円くらいが予算の限度となる。この予算の中でと考えると、インテリア雑貨が候補となり、デパートや雑貨屋さんに行ってあれこれ悩むわけである。これが意外に難しく、例えば定番の壁掛け時計を考えると、1万円以下の安い時計は結構多いが、それ以上高いのになると、数は少なく、私の好きなアルネ・ヤコブセンの時計となるといきなり4万円以上となる。これは高すぎる。では壁にかける絵はどうかというと、2万円以下となると、版画でそれも比較的小さいものとなる。デパートなどの額縁店に併設されたインテリアアートで可愛い作品がたくさんあり、新築祝いや開業祝いなどには喜ばれる。一時期は、こうしたリトグラフ印刷の可愛い作品をプレゼントに送ることが多かった。

 神戸のMarkkaという雑貨屋さんは、北欧の雑貨を中心に扱っているが、その中でも、フィンランドの絵本、雑誌イラストレーターのマッティ・ピックヤムサの作品を多く手がけている。どういう経路かわからないが、ここでは彼の雑誌や絵本の手書きの原画が出ている。油彩のものもあるが、多くは水彩画で動物や人間を描いたユーモラスな絵で、楽しい。値段も原画にしては安く、数千円から2万円以内で、額縁を購入してもそれほど高くはない。ただ最近では人気があるのか、HPで商品を表示するとすぐに売れてしまう。原画を購入し、大きさに合わせて“額縁のタカハシ”という会社に注文する。オーダフレームを扱っているが、とりわけ立体額の木地のものが好きで、絵の大きさに合わせて額の大きさとマットの大きさを決めて、注文する。普通の大きさで34000円くらいなので、原画と合わせても十分に2万円以下となる。安いといっても版画ではなく、一点ものであり、価値はある。ある人の新築祝いの送り、大変喜ばれた。

 シンシナティーの美術館の方がこられた時には、何か日本らしいお土産と考えて、決めたのが版画である。といっても現代ものではなく、古い浮世絵を考えた。江戸時代のものはコンデションが良いものは高いので、明治浮世絵を検討した。その中で、色使いはいささか派手な点はあるにしても、外国人に喜ばれるということで、揚州周延の浮世絵をヤフーオークションで探した。周延の浮世絵は、数が多いこととから、コンデションの割に安い。といっても通常15000円くらいするので、さらに0円スタートのものを待っていると、二枚、1万円くらいで手には入った。本来なら額に入れれば、よりよく見えるのだが、荷物になるので、折れないファイルに挟んで二人のアメリカ人女性にプレゼントした。これも大変喜ばれた。

 ここ1ヶ月ほど、絵本作家のたばたせいいちさんの原画が大量のオークションで出回っている。雑誌表紙や絵本の原画、草稿画が中心で、作家はまだ在命であるが、どうしたことか、大量に原画がネット上に出ている。もちろん全て肉筆原画で一点物である。その中でも人気の高い絵本、“さっちゃんのまほうのて”、“おしいれぼうけん”、“ダンプえんちょうやっつけた”などの原画の人気が高い。この中では“ダンプえんちょうやっつけた”は白黒の多分、マジックペンで描かれた作品で、シンプルで美しい。カラーの作品に比べて人気も少ないために、数千円くらいで落札できた。絵本原画なので、文字が入る場所が空けられているので、一応、絵本も買って、コピーした文字をそこに足して壁にかけている。なかなかよく、他の人のプレゼント用にもう二つ購入した。
 プレゼントの選択に困っている人は、こうしたオークションを利用する手もある。

2019年11月23日土曜日

第78回日本矯正歯科学会大会(長崎)

新型艦 あさひ

軍艦島

ハウステンボス 光の王国

 今週の火曜日から金曜日まで、長崎で開催された第78回日本矯正歯科学会大会に参加してきました。鹿児島大学にいた時に、六大学セミナーという若手の先生が集まる会で長崎に行ったことはあるのですが、その時は伊王島のリゾートホテルで終日、缶詰研修していましたので、長崎市内はほとんど観光していません。
 
 今回は、まず到着した夕方から大浦天主堂とグラバー園をまわり、その後、中華街の江山楼で長崎チャンポンを食しました。ここは有名店で、まわりにほとんどの客がチャンポンか皿うどんを食べています。最初は、お店オススメのエビチリや唐揚げを注文しました。隣の席に外国の方がいて、メニューには料理の写真がないのでかなり迷っているようでした。そこで“ここのオススメはチャンポンと皿うどんで、ほとんどの客はそれを注文する”というと、それに注文しました。オランダからの観光客です。先に注文したチャンポンが私のテーブルにきましたが、やや期待はずれで、外国人観光客にオススメするのは食べてからした方が良かったと反省です。

 次に日は、世界遺産の軍艦島です。朝、10時半の船に乗り、台風の被害のために上陸はできませんが、2時間くらいの周遊コースです。久しぶりの乗船で、少し酔うかと思いましたが、全く平気でした。この日の昼食は、これも長崎名物のトルコライスで、ドライカレーととんかつ、ナポリタンが一緒に入った食べ物で、味もそのままです。原爆資料館、浦上天主堂から平和公園を見てから、学会場に行き、生涯研修セミナー“矯正歯科治療における顎口腔機能解析と評価”を聞きました。新潟大学の坂上先生が私の古い論文チューインガム法で測定した咀嚼能力と咬合および顎顔面形態との関連“(1988)を引用してくれました。感激です。この論文と”不正咬合者の咀嚼能力と矯正治療による変化“(1992)はすでに発表して30年近くなりますが、いまだに引用の多い論文です。その日の晩は、鹿児島大学の同門会の集まりで久しぶりに会う友人もいて、楽しいひと時でした。宴会後は思案橋の”よこはま“という中華料理店で皿うどんを食べましたが、ここもまあまあという感じです。

 木曜日は、午前中は学会に行きましたが、午後からはハウステンボスに行きました。学会参加者が多く、木曜日の長崎市内の宿泊が取れなかったことと、オランダ村のときから一度は行きたいと思っていたところだったからです。長崎駅から佐世保線で3時頃にはハウステンボスに到着し、駅近くのホテルオークラにチェクインしてから4時からの入場券にしました。平日で人も少なく、いろんなアトラクションもスムーズに見られ、また6時ころからは完全に夜となり、ライトアップされた園内は本当に幻想的で、またプロジェクションマッピングやイルミネーションショーも楽しいものでした。今回の旅でも、このハウステンボスの“光の王国”が最も感動ものでした。少し遠いのですが、是非とも行った方が良いところです。4時からの入園料5000円は高くありません。この日の夕食は園内の“レッドロブスター”にしましたが、ここも期待はずれで、まずくはないのですが、それほど感激するほどのものではありません。今回、長崎でいろんな名物料理を食べましたが、個人的にはリンガーハットの長崎ちゃんぽんが一番、好きで、口にあいます。長崎のタクシーの運転手にこうした感想をいうと、運転手も大笑いし、同意してくれ、彼もリンガーハットが好きで、いつもの食事はここでするようです。

 今回の長崎は、観光名所が多くあり、学会よりは観光が中心になり、反省しています。

2019年11月17日日曜日

深浦のマグロ、鰺ヶ沢のヒラメ、岩崎のズワイ

深浦のマグロ
貨客混載

貨客混載


 先日、講演会のために鰺ケ沢に行った。鰺ケ沢のホテルグランメール山海荘には2度ほど、今年も正月に行った。ところがいつも駅から送迎バスでホテルまでに行くので、鰺ケ沢の街中は知らない。今回、電車の発着の関係で講演の2時間ほど前に鰺ケ沢駅に着いてしまった。そこで、駅から遠いが講演会場まで30分くらいかけて歩いた。せっかくなので鯵ヶ沢の新名物、ヒラメのヅケ丼を食べようと“たきわ”という店に行った。鯵ヶ沢港のそばにあるお店で店内ではジャズが流れている。ここのヅケ丼は、昨年、グランメールで食べたものよりヒラメの身も厚く、甘くて美味しかった。あっと言う間に平らげたが、急に天候が変化して、外は嵐のような状態となった。この店から講演会場までは歩いて78分かかるため、こんな悪天候では歩けないと判断し、店で雨宿りすることにした

 隣町の深浦では、最近、マグロをメインとしたマグロステーキ丼を売り出している。マグロといえば、大間が有名だが、深浦もマグロの漁獲高が多いので、町おこしとして深浦町もマグロ料理を売り出しているし、深浦マグロのブランド化を行っている。鯵ヶ沢はどうだと店主に聞くと、鯵ヶ沢でもマグロは取れると言う。メニューにマグロ丼もあったが、普通の冷凍ものかと思って頼まなかった。店主にすれば当たり前のことで、イカ、ヒラメ、マグロともに地元物であるが、観光客からすればわからず、少なくとも“目の前の港で水揚げされた鰺ヶ沢産マグロ”くらいの説明は欲しかった。今度は、マグロ丼を食べることにしよう。

 帰りに鰺ヶ沢駅前のスーパーに行くと、深浦産のマグロが安く売っていた。北金が沢産のイカも美味しそうであった。弘前のデパートの鮮魚店に行っても、築地卸と行った言葉が並ぶが地元の、深浦産や鰺ヶ沢産の魚が並ぶことは稀である。他のスーパーに行っても、同じような状況で、案外、青森県内でも地元の魚が食べられない。前述したヅケ丼のおばさんに聞くと、港で魚が取れても、通年的に、ある程度の量、買ってくれないと魚は売れず、どうしても地元には卸せないと言う。さらに深浦の隣の岩崎港はズワイガニの漁獲高は全国3位だが、全く知られていない。岩崎港では、ズワイガニといっても大型で身が多い本ズワイではなく、身が少なく、水分が多い紅ズワイガ多く取れるため、主として加工品にされ、一般の魚屋に出回らないと言う。新鮮な紅ズワイガイはとても美味しいのだが。

 青森県は三方を太平洋、津軽海峡、日本海に囲まれ、魚の宝庫である。このうち、西海岸の鰺ヶ沢、深浦などの漁港は、周囲に大きな町がないため、なかなか魚が捌けない。深浦では、地元のレストランなどでマグロ料理を出すように努力しているが、それでも集客は少ない。むしろ五所川原市や弘前市に積極的にサテライト店を出店して市場を開拓するような試みはどうだろうか。例えば、鰺ヶ沢や深浦漁港が共同して、その日とれた魚を朝の五能線に載せ、弘前駅まで運び、それをレストランが料理に使う。最近では各地で一般旅客電車に貨物も載せる貨客混載という概念が広がっており、バス、電車に乗客と一緒に荷物を載せる試みが増えている。朝方の五能線、深浦、鰺ヶ沢、五所川原、弘前を通る線の乗客はそんなに多くなく、貨物も載せることは可能である(車種によって出し入れが難しいが)。費用が高くなければ、保温箱に入った魚を数分間の停車時間で車内に入れることは可能だし、同様に弘前駅で素早く取り出すこともできる。駅前に料理店があれば、すぐに料理に使える。もちろん既成の魚卸市場からすればこうした直取引は反対するだろう。ただこうした試みが成功するなら取扱量も増え、こうした貨客混載ではさばききれず、市場で扱うことになる。

 いい素材があっても、それをうまく広告して売り出さなければ意味はない。青森県は自然に恵まれ、多くの宝物を有するが、いまだに十分に活用されていない。個人的には新鮮な岩崎港で水揚げされた紅ズワイを腹一杯、安く食べてみたいものである。岩崎港から弘前まで直線距離でわずか38キロ。将来、貨物用大型ドローンができれば20分の距離であるが、季節になっても弘前で紅ズワイは売ってもいないし、食べるところもない。あれだけ多くの北海道産の毛ガニが売っているというのに。

 こうした問題は、深浦、鰺ヶ沢、五所川原、弘前などの役場や関係機関が、広域な単位で検討してほしいところである。町おこしに色々な試みがされていて、深浦ブランドのマグロなどは良い試みである。ただ深浦に集客といっても限界があり、観光客でいえば弘前の方が多く、弘前に観光に来た客が同時に深浦産の美味しいマグロや岩崎漁港の紅ズワイを食べられれば、より満足は大きい。特に弘前は名物料理がないだけに、ここで西海岸の魚料理が食べられることは、双方に金が落ちる。あるいはこうした試みに共感する居酒屋などを募集し、今でも鰺ヶ沢産の魚を使った居酒屋があるが、正式な“鰺ヶ沢ヒラメ”、“深浦産マグロ”、“岩崎産ズワイ”といった町発行のマークを貼るのもいいだろう。色々なアイデアがあるだろうというが今回の感想である。

2019年11月13日水曜日

佐藤弥六の書

佐藤弥六の書

陸奥評林

佐藤弥六

 佐藤弥六の書がヤフーオークションに5000円で出ていたので、思わず買ってしまった。佐藤弥六は、少年倶楽部で有名な佐藤紅緑の父で、小説家の佐藤愛子、詩人のサトウハチローの祖父となる。

 佐藤弥六は天保13年(1842)の生まれで、亡くなったのが大正12年(1923)なので、大正122月のこの書は最晩年の書と言える。サインには八十二翁弥六書となっているが、数え年齢で言えば82歳となる。

 内容については、詳しくはわからないが、人生訓のようなことが書かれている。佐藤弥六は天保13年の生まれ、第12代将軍、徳川家慶の時代で、水野忠邦のよる天保の改革は始まった頃である。徳川時代後期となる。まだまだ幕府がなくなるような気配は全くない。ペリーが浦賀に来航したのは嘉永6年(1853)、弥六は11歳の頃となる。幼少から秀才の誉れ高い弥六は藩学校の稽古館で学び、弘前藩記事によれば文久2年(1862)に弘前藩で海軍を作るために、船具軍用学取得目的で江戸に留学させ、勝麟太郎の塾で学ばせた。他には樋口左馬之助が蒸気機関学の取得を命じられている。18歳にして弘前藩から海軍学を学ぶように選抜されたことは、弥六の優秀性を示している。その後、弥六は英語勉強のために慶応元年520日、慶應義塾に入塾している。勝塾は坂本龍馬がいた神戸海軍操練所ではなく、江戸の塾であろう。その後、勝は慶応元年に海軍奉行を罷免され、蟄居生活となるが、弥六はその年の5月に福澤塾に入塾した。“幕末から明治初期の国内留学事情—洋学修行を志した津軽のサムライ”(保村和良、東北女子大学紀要、53:112-120.2014)によれば、福澤諭吉は「佐藤弥六罷り越し候。ピストルも買い入れ候積もり。この人はご承知も可有之、フェースフール(信頼の置ける、faithful)之人物に御座候。厚く御周旋被成遣可然奉存知候。塾に居候人とて尽く正しき人物斗りに無之、みちもすれば不正不信之ものも出来申候。人物之見分け、交も自ら厚薄有之義御心得迄申上候」と福澤は弥六を信頼の置ける人物と高く評価している。また“幕末・明治初期の弘前藩と慶應義塾—「江戸日記」を資料にして”(坂井達朗、近代日本研究)では、福澤の手紙では「この人は佐藤弥六と申し、旧津軽藩士、本塾へは多年寄宿、人物はたしかにして、少し商売を考えこれあり、失敗は致候得共、丸屋にも大いに関係して、早矢仕(はやしゆうてき)君もよく知るところなり。過般出府のところ、これと申し仕事もこれなく、就ては真利宝会社中として、弘前に居ながら相勤め、青森地方のことを引受候様の出来申間布哉」と書かれており、福澤は塾の会計を弥六に任せていた。のちに福澤はオランダ公使として弥六を推薦している。

 ここまでの弥六の履歴は、明治初期の人物としては相当、洋学(英学)に秀でており、そのまま行けば、留学し、その後は新政府の役人や教育家になったろう。ところが弥六のすごいのはここからで、故郷、弘前で兄が亡くなると、佐藤家を継ぐことと兄の子を育てるために、兄の妻を娶り弘前に戻った。弘前藩の英学寮の開設に当たっては、慶應義塾から永島貞次郎と吉川泰次郎の派遣に尽力し、明治4年には出来たばかりの青森英学寮の舎監をしていた。廃藩置県後は、きっぱりと洋学を捨て、商売人となり、郷土史に打ち込んだ。ただ相当にへんこつな人物で、商売人になったが、金を汚いとしゃもじに金を載せて客に渡したという。

 こういう人物であるので皆からは恐れられ、どこへ行っても正論を吐く。政府高官、校長と皆から尊敬されていても、弥六にとっては小人でボロカスであり、納得がいかないとこき下ろす。ただの変人ではなく、最高の学識を持つ人物だけに何か言われても反論できない。この書も内容はあまりわからないが、晩年になっても、その反骨精神は健在である。

2019年11月10日日曜日

歯科医師の高齢化



 私も今年で63歳になる。元気なうちは働きたいと思っているが、それでも老眼のため、年々、治療が疲れるようになった。ことに歯科の治療は内科とは違い、ものすごく細かい作業が要求されるため、高齢になって仕事をするのは難しい。うちの父は83歳まで一人で歯科医院をしていたが、だんだん患者さんも減り、また子供として、患者さんに何かあれば大変だと婉曲にやめるように促した。

 弘前の例で言えば、最近では70歳くらいで歯科医の仕事をやめる場合が多くなっている。昔の先生は、歯科も医科も死ぬまで、あるいは病気になって動けなくなるまで仕事をしていた先生が多かった。一方、アメリカの歯科医に聞くと、仕事は金儲けのためにするのであり、金を稼げれば、すぐに引退するという。そして引退後の生活をエンジョイする。知り合いのアメリカ人の矯正医は60歳くらいで引退して、今はアリゾナ州にいる。また台湾の矯正医は55歳で自分の診療所をクローズし、その後は週に23回ほど勤務医として働き、あとはゴルフをしている。

 こうした引退後の生活を考え、最近の先生は死ぬまで働こうとは思っておらず、患者が少なくなった、あるいは機械が壊れたと言った理由でやめることが多い。弘前の歯科医数は100名くらいであるが、60歳以上が半分ほどで、あと10年以内に少なくとも40人近くはやめるだろう。一方、新規に開業するのは年に2軒で、単純計算すれば、10年後は、40軒の歯科医院がなくなり、10軒できるので、差し引き70軒、30%少なくなることになる。医科の場合は、もっと深刻で、開業年齢が歯科より遅いため、開業医の高齢化、あるいは減少は著しい。

 ただ歯科の場合は、若年者のう蝕が減少し、今後、患者数も減るために、歯科医院の減少が大きな問題になることはない。一方、若い先生が増え、歯科治療のレベルが今後、上がるかというとこれは微妙であり、歯科大学の教育レベルが上がらない限り、日本の歯科医療の水準が上がることはない。というのは、日本の歯科大学では、学生の臨床教育は基本的にしないので、実際の患者さんを治療する機会は卒後研修に入ってからである。それも大学病院の患者数の減少に伴い、症例数は誠にお粗末で、研修医で終了しても、臨床レベルはかなり低い。その後、医科のように大学病院などに勤務して開業するなら一定のレベル、ここでは専門医ライセンスを持つが、歯科の場合は、研修医終了後、すぐに勤務医となることが多い。そうすれば、そこの年配の院長以上の臨床レベルになることは難しい。
 
 おそらく日本の歯科医師の臨床レベルをあげるのは、まず国立大学の大学院大学を撤廃し、アメリカ型の三年の専門医コースを作り、そこで各科の専門医ライセンスを取ることであろう。現状のような基礎科目による大学院では、学生は勤務医に流れる。さらに大学病院では、矯正歯科も含めて自費治療に関して一般歯科の半分から1/3くらいの値段にして、学生用患者数を増やすことである。弘前では十年後に70軒くらいになると言ったが、それでも口腔外科の専門医が10軒、矯正、補綴、小児、歯周疾患の専門医がそれぞれ5軒ずつあれば、計30軒の専門医がいることになり、全体のレベルアップにつながる。

 弘前で今、最も不足している専門医は、実は小児歯科で、日本小児歯科学会の専門医は、青森市の土岐先生と三沢市の濤岡先生しかおらず、弘前、五所川原地域には小児の専門医はいない。秋田県が3名、岩手県が8名、山形県が5名、宮城県が24名、福島県11名なので、ダントツに少ない。昔と違い、小児が減り、さらにう蝕が減り、また重症の子供も減った。そのため、新規開業の若手の先生方では、ほとんど小児の治療をしたことがない場合がある。歯髄処置や乳歯冠などできない歯科医もいるし、その他の処置内容もひどい。私も小児歯科の認定医を持っていたので、一般歯科医の大体の治療レベルがわかるが、やはり小児歯科専門医の方が臨床レベルは高いし、ハンディキャップ児の扱いもうまい。ついでに他の科の県内の専門医を調べると、歯科では補綴専門医が8名で、弘前には2名、口腔外科の専門医は15名で、弘前には8名、歯科保存専門医は2名で弘前は0名、矯正歯科学会の認定医は10名(専門医は1名)、弘前は3名(専門医1名)、歯周病専門医は3名で、弘前には2名となる。インプラント専門医は10名で、弘前は6名と多い。糖尿病専門医が青森県で54名、弘前に16名、消化器内視鏡専門医が120名いるに比べると、歯科の専門医は医科に比べると本当に少ない。

2019年11月7日木曜日

弘前れんが倉庫美術館 奈良美智

          
             斎藤義重
小野忠弘



佐野ぬい

天野邦弘


  YUKAKO

GOMA

 桜田弘前市長が、定例会見で、弘前れんが倉庫美術館での開館記念展に奈良美智さんの写真を中心とした作品を展示することを発表した。奈良さんは2015年の夏に美術館整備のアートアドバイザーになったが、翌年1月には役所のやりとりに時間が取られ、自身の制作がないがしろになっていると辞任した。その後、弘前市と奈良さんの関係はどうなっているか、気になっていたが、今回の報道で、高校の同級生である桜田市長の展示要請があったために、ようやく開館記念展に作品を出すことになったようだ。市長の個人的な要請がなければ、奈良さんの作品は展示されなかったことになる。時間的な問題でアドバイザーを辞任したとのことであるが、こうなるともっと深刻な決別理由があったのだろう。

 もともと弘前れんが倉庫美術館の発想は、奈良さんが弘前市民およびgrafと協力して吉野町煉瓦倉庫で行った三回の展覧会にある。私は三回とも行ったが、未だこれほどの展覧会は経験したことはない。一つは煉瓦倉庫自体の魅力で、内部の匂い、空間の時代性あるいは、最後の”A to Z”では二階も展示スペースに使ったが、床が抜ける危険性があるため、階段の下で係員が人数制限をしていたこと、こうした些細な記憶が残る場所であった。さらには、煉瓦倉庫の大きな空間に奈良さんのイメージする街をそのもの作り、独特な空間を市民とともに作ったし、費用の一部は寄付で賄った。そのために作品制作期間も含めて市民の関心は高かった。さらに会期が始まると、町中が奈良さんの展覧会一色となり、それを目指して、本当に全国から多くの若者が集まった。これほど弘前の街に若者が集まったことない。

 こうした煉瓦倉庫での奈良さんの展覧会の大成功が、弘前れんが倉庫美術館の始まりだったと思う。それゆえ、美術館建設の趣旨にも“コミッションワーク(依頼制作による恒久展示のアート作品)”を中心とした内容と書かれていたため、勝手に奈良さんの作品を中心とした”A to Z“のようなものが展示されると期待していた。ところが今回の記事を読む限り、20161月に奈良さんがアドバイザーを辞任してから、美術館と奈良さんとは作品展示も含めて一切無縁になった。もちろん奈良さん本人は出身地の思い出の場所に新しい美術館ができることは嬉しかったし、協力したかったのだろう。ただ弘前市の関係職員か、あるいは運営を任されている”弘前芸術創造“、”Nanjo Associates”(南條史生)との決定的な仲たがいがあったのだろう。むしろ早い時期から館長を決め、grafや立木祥一郎さんなどと組んだ方が良かったのかもしれないが、全国的な実績があるN&Aに運営を任せたのだろう。

 弘前は多くの現代美術アーティストが生まれた街で、奈良美智さん以外にも、現代絵画の小野忠弘さん、女子美大学長であった佐野ぬいさんや多摩美大の斎藤義重さんがいるし、また版画家の天野邦弘さんもいる。また若手ではNYで活躍するYUKAKOやアウトサイダーアーティストのGOMAさんと特別支援学校生徒との共同作品も素晴らしい。弘前大学教授だった村上善男さんも挙げてもいいし、さらに世界的に注目されている田中忠三郎コレクションのBOROやこぎんを現代美術の範疇に入れても良い。また今回の開館記念展にも出展する中国人アーティスト、潘逸舟さんは9歳から18歳まで弘前に居住し、多くのアーティストを生んだ弘前に感化されたのかもしれない。金沢21世紀美術館や十和田現代美術館のように世界中から現代美術の作品を集める必要はなく、奈良さんの作品を中心に十分に地元出身の現代美術アーティストだけで美術館が成立する。それゆえ、当初のコンセプト、奈良さんの煉瓦倉庫で行なった展覧会の延長にある美術館、がどこで変質してしまい、別物の美術館ができようとしている。おそらく美術館の運営を東京の会社に丸投げしたことが大きな要因で、彼らには地元愛はない。また本来、新美術館の開館は市民にとって待ち遠しいものであるが、未だに盛り上がっていない。一つにこれまでの奈良さんの展覧会に協力したNPO法人harappaや弘前市民に対して美術館から積極的協力を求めなかったことがある。唯一、ミュージアムロードに名前を残しませんか、という市からの案内があり、レンガに名前を入れてもらうもので、半年前にすぐに申し込んだが、未だに何の連絡もない。

 来年の春に開館ということで、すでに8名の現代美術アーティストによる開館記念展が決まっている。個人的には開館記念展には“Beyond A to Z”、奈良美智の特別展くらいを考えていた私にとっては期待はずれではあるが、どうか早く優秀で力のある館長を見つけ、自主路線に向かって欲しいところである。美術館本体は非常に魅力的であり、後は全国、世界から見学者が弘前に来る内容を目指して欲しいし、生まれ故郷を若い人にも魅力のある街にするために、苦い経験もあろうが、是非とも奈良美智さんに協力して欲しい。

2019年11月4日月曜日

弘前大学人文社会学部 国際公開講座2019



 文化の日、弘前大学で毎年行われている人文社会学部主催の公開講座に行ってきた。今年は、「日本を知り、世界を知る」のテーマで英文学から考古学まで広い範囲の講義が行われた。特別講演では台湾大学の張文薫先生の「津軽海峡、リンゴと太宰治—青森と南国台湾の繋がりー」と題した講演があった。

 台湾では青森と言えば、まずリンゴ、さらにはねぶた、あるいは太宰治もよく知られているという。台湾のデパートでは青森物産展が行われ、そこには弘前のりんごが高級果物として高い値段で売られていて、人気があるようだ。さらには台湾大学では台湾文学より日本文学が学生に人気があり、とりわけ人気があるには太宰治、芥川龍之介、中島敦、村上春樹で、夏目漱石、三島由紀夫、大江健三郎はあまり人気がないようだ。太宰の作品については、人間失格などは早くから台湾語訳で出版されていたが、その人気が急速に高まったのは、邱妙津の「ある鰐の手記」という作品による。邱は台湾大学を卒業後、ソルボンヌ大学に留学する才女だが、太宰の作品などに影響されて26歳の若さで自殺する。そのショッキングな話題はたちまち彼女の本をベストセラーにし、さらには彼女が心頭する太宰治の作品に向かった。その後、トレンディーな若者に太宰治は支持され、今では太宰のほとんどの作品は翻訳されていて、人気が高い。そのために青森に来る若者の中には、わざわざ金木の斜陽館に来るのが目的の人もいる。韓国や中国でも同様に太宰は人気が高い。

 張先生の専門は、戦前の台湾文学であるが、昔、当院に来ていた患者さんのお父さんのことを思い出した。彼は台湾出身で、今は彦根と台湾を行き来して生活し、たまたま娘さんが弘前大学にいたためにこちらで暮していた。私は、もともと台湾好きだったので、この方とも何度か話しあったことがあった。彼は戦前の台湾では非常に有名であった小説家の周金波という方の息子さんである。周金波は基隆生まれで、日本大学歯学部で学び、卒業後は基隆で歯科医院をしながら、小説を書き、戦前は大東亜文学者大会で台湾代表となる。戦後、ニ・ニ八事件後は日本への協力を批判され、弾圧を受けた。そのために戦後はあまり活躍することはなかった。

 こうした皇民作家と呼ばれる台湾人作家の昨今の評価について張先生に聞いてみたかったが、さすがに場違いな講演会でこうした質問はまずいと思い、諦めた。台湾の人と話す場合、まず民進党か国民党かをはっきりと認識しておかないとまずいような気がする。もちろん周金波先生の息子さんは、民進党で、台湾独立派である。こうした民進党の支持する人々の親あるいは祖父は、戦前に日本語の教育を受けたため、日本語が喋れる。これが鑑別の一つであり、国民党支持者の多くは戦後、中国から台湾に来たために、そういうことはない。今の若者世代は、こうした政党による違いは少なくなっていると思うが、台湾の方は親孝行な人が多いため、日本語をしゃべれる親や祖父への尊敬の念は日本への好意とそれとは逆に反中国に向かうことになる。

 今では戦前に日本語を受けた世代はほとんどなくなり、台湾でも日本語を喋る人は昔に比べて減っているが、それでも日本に対する畏敬は強い。35年前だが、台湾の高雄の歯科医院を訪ねてことがある。そこの先生のお父さんは戦前に慶應義塾大学を卒業したインテリで、わざわざ日本から客が来るということで、本当に久しぶりの丁寧が挨拶を受けた。もはや日本では見られないような丁寧な日本語と応対で驚くとともに、それを見ている歯科医の息子、およびその妻、孫の彼に対する尊敬の念はひしひしと感じた。

 1957年の嵐寛寿郎主演の「明治天皇と日露大戦争」が台湾で公開された時には、天皇のシーンが出るたびに、観客が直立し、礼をしたという逸話があるほど、戦前の日本語を喋れる世代の日本愛は強い。台湾の方にとって、青森県は雪、温泉、お祭り、歴史のある場所で、私たちが南国ハワイに憧れるような一度は行きたい場所である。紅葉の季節、わざわざ自転車を持ち込んでサイクリングしている台湾人観光客を多く見るが、弘前で誰もレンタルでサイクリング用のマウンテンバイクや小型自転車を貸すようなことはしていない。7万円くらいのそこそこのマウンテンバイクや小型自転車を一日3000円くらいで貸せば、30日でペイできる。サイクルネット弘前でも普通自電車を500円、電動自転車を1000円で貸しているが、是非、ビアンキのような自転車メーカーのシティー、スポーツタイプ、小型車のレンタルバイクも用意してほしいし、そうした機種については、予約あるいは数日借りなどもできるようにしてほしい。わざわざ台湾から自転車を持ってくるのはかなり大変であり、こうしたサービスはそれほど費用もかからない。個人的には弘南電鉄で大鰐まで自転車持ち込みで移動し、そこからりんご、田園地帯を廻るコースが勧められる。

2019年11月2日土曜日

現代美術史 山本浩貴



 来年の春には、弘前に現代美術館ができるので、少しお勉強しようと山本浩貴著“現代美術史”(中公新書)を買った。先日、東京までの出張があったので、行きは話題の大木毅著“独ソ戦 絶滅戦争の惨禍”(岩波新書)を、帰りにこの“現代美術史”を読んだ。3時間くらいの乗車なので、ちょうど良い分量である。

 ところが、この“現代美術史”があまりに難解でほとんど理解できなかった。20世紀に入っての現代美術を総観するのは、著者も語っているように、かなり大変な作業であり、それもわずかな挿入写真でコンパクトにまとめるのは至難の業であることは認める。それでも中公新書も編集者がいるのであれば、もう少し、内容は薄くしても、わかりやすいものに出来よう。欧米だけでなく、日本、あるいはアフリカ、在日など多くの世界とその時間軸も含めて文庫本で語ることは不可能ではないにしても、少なくとも現代美術の知識のない読者には理解しにくい。

 それと対照的に“独ソ戦”は、ややもすれば軍事専門的な記載になりそうだが、攻撃、防御などの細かい経過は適切な図でわかりやすく、省略している。おそらく出版会社の担当者の技量の差であろう。どちらも取り上げる内容はエキセントリックなものではないが、独ソ戦の売り上げが好調なのはこうした点もあろう。

 著者が専門的な知識、全てを本に真面目に注入すればするほど、本の内容も次第に難しいものになっていく。たとえ100の知識があっても、それを100全て書くのではなく、30でもいいから一般読者を想定してより理解されるべき内容にすべきであった。特に本はどれだけ売れたかが重要であり、こうした売れる本を作るためには、編集者の力量に頼ることが大きい。もちろんあまり編集者が強くいうことは著者からすると腹の立つことであろうが、それでも読者に理解される本でなくてはいけない。

 それでもこの本を読むと、“現代美術”の多彩な展開、活動の概観はかろうじてわかった。ただこうした美術が一過性もものではなく、数百年後、そこまでいかなくても100年後に残るものだろうか。青森県にも十和田現代美術館があり、見にいったことがあるが、正直、全く印象はなく、面白くない。何となく今風な感覚があり、自分がオシャレだというように思えるだけである。現代美術といっても幅広いジャンルがあり、作品により好き嫌いがあるものの、やはり一般人にも理解できる点では具象的な作品に人気がある。オノ・ヨーコのようなほとんど美術品とわからない作品よりは奈良美智の絵の方が理解しやすい。ジャクソンボロックよりは同時期に活躍したマルクジャガールの方が素人には鑑賞しやすい。

ボロックやモンドリアンの抽象絵画は、感覚で捉えるものであり、その内容を言葉で表すことは非常に難しい。それ故、こうした“現代美術史”の本を書くことは大変だったと思う。それでも時代、地域の範囲を狭くしても、もう少し、わかりやすい内容にできたと思い、残念である。むしろ、1年間くらいかけてじっくりと、多くの画像、映像を使った講義の方が作者には向いているのであろう。弘前でも現代美術館ができるが、こうした現代美術のセミナーの開催も期待したい。

2019年11月1日金曜日

めぐり逢い

  以前、録画していたアメリカ映画“めぐり逢い”を見た。不朽のラブロマンス映画で、これまでも何度か見たことがあるが、今回は英語の勉強として見た。というのは1950年代の映画は今と違ってアメリカ英語でもわかりやすいからで、例えば、“アメリカングラフティー”は1974年の映画であるが、舞台は1960年代初頭の高校であるので、スラングも少なくてわかりやすい。さらにこの“めぐり逢い”は主演女優がイギリス出身のデボラ・カーなので、日本人にはアメリカ英語よりわかりやすい。といっても実際はほとんど字幕で理解するが、それでもよく聞くと、20%くらいは理解できる。何度も見ればもっと理解度は進むのであろう。名作映画で、見るたびに泣かされる。

デボラ・カーについては、日本人ファンとの心温まる交流がブログにあるので、見て欲しい。

 著者は、中学三年生の時にたまたまレンタルビデオで借りた“めぐり逢い”をみて、すっかりデボラ・カーのフアンになってしまった。なんとかファンレターを出そうとあちこち探すが、インターネットもない時代、なかなかわからず、ようやく昔の俳優協会の名簿を教えてくれる方がいて、その住所に手紙を出した。すると驚くことにデボラ・カー本人からお礼の手紙とサイン入りのポートレートがきたという。さらにそれから13年後、デボラ・カーの死を知った著者は、お悔やみの手紙を、これも住所がわからず、インターネットでイギリスのサフォークに住むことだけを知り、そこの郵便局長宛に手紙を出した。するとわざわざ自宅に転送してくれ、デボラー・カーの娘さんからお礼の手紙が来たという。

 非常に感動深い話で、こうしたファンとの暖かい交流が、著者の人生にも何らかの影響を与えたようである。私も、小学四年生の頃だろうか、少年マガジンにページの横に、プロ野球選手の住所が平気で書いてあった。ダメ元でいいと、なけなしの小遣いで、オバQのハンカチを買い、返送用の封筒を入れて、大人気の長嶋茂雄選手に送った。すると2、3週間後に、サインの入ったハンカチが送り返され、それはびっくりした。もちろん次の日はみんなに見せびらかしたのは言うまでもない。その後、味をしめ、王貞治選手にも同じようにハンカチを送ったが、返事はなく、それ以来、私にとっては長嶋>王となった。

 インターネットの時代になると、手紙を出すことは本当に少なくなったが、それでも手書きの手紙をもらうと嬉しくて、何度も読み直す。手書きの手紙には、書き手の性格まで想像してしまい、サインも含めて自筆というのは嬉しい。上記のデボラ・カーへのファンレターの件でも、おそらく皆から忘れられた時にファンレターをきたこと、日本から送くられてきたことなどが、病気でありながら嬉しくて、返事を出したのであろう。

 今時は、個人情報保護法により、タレント、スポーツ選手、漫画家、小説家の住所はわからないようになっており、ファンレターを出す人も減ったであろうし、事務所に送っても、嫌がらせの内容もあるかもしれず、タレント本人に渡すかどうかわからない。ただ内容は事務所で確認するかもしれないが、基本的には本人に渡すと思うし、よほど忙しい人でなければ、ファンラターは目を通すだろう。昭和天皇のエピソードに、晩年、多くの日本国民が病気快癒を祈り記帳を行なった。おそらく数十万人になるだろう。天皇はそれを、体調が悪いにも関わらず、すべて目を通したという。そして侍従に“ここに書かれている漢那というには、欧米留学の時に乗ったお召し艦「香取」の子孫だろうか”と尋ねたという。知った人がいないかと目を通し、皇太子時代の欧州遊学の際に知り合った漢那憲和少将のことを思い出したのだろう。

 私のところでも、弘前の歴史に関する問い合わせがよく来るし、中には大部の資料を送ってくださる方もいて、大変恐縮する。ところが私自身、面倒臭がり屋で、返事は出しても手書きで手紙を書くということはしない。お礼の意味からももう少し対応を考えなくてはいけない。

2019年10月18日金曜日

韓国、中国のノーベル賞はいつ


 ノーベル賞の季節も終わり、結果的には日本からはノーベル化学賞に吉野彰さんがめでたく選ばれた。発表前には、毎年、多くの候補が挙げられ、喜怒哀楽が見られるが、意外に日本人の候補者は毎年多い。

 ケムステというブログでも受賞前に2019年度のノーベル化学賞の予想を行い、157名の科学者の名を挙げている。もちろん日本人による予想のために、日本人の候補者は多く、29名いて、吉野彰の名もある。

 今回は、この157名の科学者のうち、日本以外のアジアの科学者を見てみる。まず有機化学の分野で多糖合成法への貢献としてChi-Huey Wong(翁啓恵)がいる。彼は1948年、台湾生まれのアメリカで研究し、現在は台湾大学にいる。分析化学では無細胞胎児DNAの検出による出生前診断法の確立でDennis Yuk-ming Lo(盧 煜明)がいる。1963年、中国、香港生まれの科学者で、オックスフォード大学で学び、今は香港中文大学にいる。生化学の分野では、ゲノム編集技術CRISPRの開発に、Feng Zhangがいる、今年、最も期待されていた分野である。1981年、中国生まれの若い学者で、今はハーバード大学にいて、国籍もアメリカ人になっている。さらに光合成系巨大タンパク複合体の構造解析ではJian-Ren Shen(沈建仁)がいる。1981年、中国で生まれた科学者で、東京大学で学び、今は岡山大学にいる。高分子化学の分野では、RAFT重合法の開発で、San H. Thangがいる。1976年にベトナムで生まれたベトナム人で、サイゴン大学卒業後、オーストラリアで学び、今はオーストラリアのモナーシュ大学にいる。材料化学の分野では、メソポーラス無機材料の合成および機能開拓でRyong Ryooの名がある。1957年、韓国生まれの科学者で、現在は韓国科学技術院にいる。また有機エレクトロミネッセンス材料の開発では、Ching W. Tang(鄧青雲)の名がある。1947年、香港生まれの中国人で、ブリティッシュコロンビア大学を卒業後、イーストマンコダックに勤務し、今はロチェスター大学にいる。アメリカ国籍をとる。エネルギー化学の分野では、ペロプカイト型太陽電池に開発と応用で、Nam-Gyu Parkの名がある。韓国の科学者で、ソウル大学を卒業し、今は成平館大学にいる。
化学賞の候補者には中国人が4名、韓国人が2名、台湾人、ベトナム人が1名ずつとなっている。微妙な点は、中国人のうち、2名は香港生まれ、1名は日本に在住、1名はアメリカ国籍になっている。純粋に母国で教育を受け、そのまま母国で研究活動をしている科学者は少ない。

 これはあくまでノーベル化学賞の候補であるが、157名中、日本人が29名、中国人が4名、韓国人が2名、ベトナム、台湾人が1名となる。2001年以降の国別ノーベル賞受賞者(2018年まで)は147名中、日本は18名、中国が1名なので、物理学や医学生理学でも同じような候補者比率なのだろう。候補者の比率からいえば、日本人は18.4%、中国人は2.5%、韓国人が1.3%で、毎回、自然科学系の受賞者が9名とすれば、日本人は毎年1名いてもおかしくはない。一方、中国人は5年に1名くらいは、韓国人も10年に1名くらいでる可能性がある。

 中国、韓国のようなコピー文化がはびこる所ではなかなかノーベル賞に値する研究成果はでないと思うが、もともと優秀な人物が外国、特にアメリカで研究するとなると話は違い、おそらく近い将来、アメリカ留学の中国人、韓国人の中からノーベル賞をとると思われる。

2019年10月14日月曜日

奈良美智作品、27億円

27億円で落札されたナイフ・ビハンド・バック
ニューヨークのバーにある落書き


弘前市鍛治町にある居酒屋の落書き


 弘前出身の現代画家、奈良美智の“ナイフ・ビハインド・バック”という作品が今年の香港でのサザビースのオークションで27億円という高値で落札された。つい最近まで、奈良の作品は数億円と言われていただけに、ここ数年の現代絵画の価格上昇は凄まじい。これは世界中の金持ちが投資対象として絵画を選ぶようになったことによる。かってバブル期、日本の会社が世界中の顰蹙をかって高値でゴッホの向日葵などの絵を買った。その後、バブルの崩壊とともにこれらの絵は競売にかけられたが、実際の価格はそのころの数倍になっており、間違った投資どころか賢明な投資出会った。

 それに関連してニューヨークのバーに奈良が描いた落書きが数億円の価値があると、話題になっているが、同様な落書きは弘前市の居酒屋にもあり、ここでは、壁へのプラスティックの保護板もなく、むき出しのまま手で触られたり、タバコの煙にさらされている。まあ、あくまで落書きであり、作品ではないので、これが数億円になることはないが、それでも好きな人からすれば壁画として数百万円であれば買われる可能性がある。ただ個人的に言えば、どちらもあくまで、作者が気まぐれで描いただけなので、そのまま展示し、汚れれば汚れていいし、店を壊すときはそのまま壊して欲しいだろう。逆に居酒屋の壁として店の歴史とともにどんどん汚れていくのこそ本望と思う。

 ただ個人的には、来春に開館する弘前レンガ倉庫美術館に、奈良美智の作品がこれほど高騰するともはや展示できなくなることを心配する。いくら弘前市出身の作家であれ、こうした売れっ子の作家になるとバイヤーが介在するために、たとえ美術館であっても安い値段で売ることはない。弘前レンガ倉庫美術館の作品購入資金は3億円で、これでは奈良の作品、一つ買うのがいっぱいであろう。むしろ転売を禁止した大型作品、体験型の作品など、作者から構想、デザインを買い、その指導を受けて業者が空間を作る方法の方が良かろう。昔のように有名作品を、見物者が一点一点見ていくやり方は、もはや古く、むしろ作者の世界観を体験できるような作品、環境を展示するような方法が望まれる。例えば、松本市にある松本市立美術館は草間彌生の奇妙な芸術を鏡ばかりの部屋や、水玉模様ばかりの部屋で体験できる。こうした体験型の芸術作品は移動が難しく、その美術館に行かなければ見られない。さらに画家にとって、自分との作品を恒久的に見てもらう場として美術館は必要だし、より自分の芸術を訴える手法としては、キャンバスに描かれた作品も重要であるが、大型の移動できない作品もまた興味があろう。

 もちろん、こうした大型の体験型の芸術作品は、作者にとってその構想からデザイン、製作までかなり時間がかかるため、それ相当な費用は必要であろう。問題はそうしたことも含めて来年春に開館が迫っている美術館サイドが、どこまで具体的に奈良と交渉しているかという点である。館長も決まっていない状況で、東京の会社に丸投げ状態、さらにこの会社と奈良との関係など、開館にあたり郷土出身の目玉作家の作品が展示されないような事態は避けたい。かって同じレンガ倉庫で、歴史的な奈良の展覧会が行われただけに、こうした経験が十分に生かされた内容であって欲しい。

 個人的にはこのレンガ倉庫で行われた奈良の最後の展覧会であるA to Zの2階で見たくらい海とそこに浮かぶ人間型の島、あの作品と理科実験室にような空間が忘れがたい経験であった。全国から多くの若者が来るような美術館になって欲しい。

この作品は、何か別の世界に行った気がした。