2017年9月14日木曜日

老人向けの靴

ニューバランス577ベルクロ
ニューバランス877

ニューバランス608


スケチャーズ Flex Advantage
Propet Life Walker

 私も61歳で、まだ若いといっても、すでに老人の範疇に入りかけている。若い時は、年配の人が近くのものを見るのに、どうして眼鏡をはずすのか、わからなかったが、今や、そうしたことが普通になっている。日曜日になれば、午前10時までに起きることはなかったのに、今は自然に7時には目覚める。おしっこが近い、おならがすぐに出てしまうなどお恥ずかしいことも多い。当然、物忘れはひどく、人の名前が全く覚えられない。

 そんな老化減少の一つに、足の老化がある。足の老化といってもさまざまのものが含まれ、例えば、ちょっとした段差につまずく、足の小指の爪が少しでも長いと薬指が傷つく、爪をしょっちゅう内出血して死んでしまうなどがある。さらに膝関節が痛くなったり、下肢の前の方の筋肉が歩くと痛くなったりする。今でも歩くのは好きで、休みの日には40-50分はあちこち、ぶらつくが、年々、しんどくなる。こうしたことことから、今まではあまり靴には関心がなかったが、最近ではいろんな靴を試している。ただ、これだけ靴の種類が多いと、老人に適している靴は何がよいかわからない。靴文化の先進国アメリカのレビュから老人向けの靴を探ってみる(ここではワーキングシユーズのみ)。

“best choices for seniors”より
1.Propet Men’s Life Walker Strap Sneaker
アメリカのアマゾンで1802のカスタマーレビューで4.5の高い評価を得ている。45-128ドルの比較的安いことも人気があるのだろう。日本ではあまり知られていないメーカーである。
2.New Balance Men’s MW577 Leather Hook-and-Loop Walking Shoe
ニューバランスの577はひも付きとベルクロのものがあるが、ここではベルクロの方が着脱しやすく、勧められている。これもアマゾンで3878のレビュー、4.0の評価を得ている。値段は43から77ドルとなっている。

さらに段差の転倒防止により靴は
1.      Skechers for Work Men’s Flex Advantage
これはスリッポンタイプのもので、536のレビューで4.5の評価。価格は40から151ドルとなっている。
またワーキングシューズとしては
1.      Skechers Performance Men’s Go Walk 3 Slip-On Walking Shoe
このシューズは日本ではほとんど知られていないが、レビュー数は4684で評価は4.5。さらに初代はレビュー数が8383、四代目は1212で、すごく売れている。値段は39から85ドルとこれも比較的、安くて軽いが、かっこわるい。

LLビーンも購買者には年配の人が多く、ニューバランスの人気品を一部扱っている。その中でも老人向けとしては
1.      ニューバランス 990V4
 アマゾンUSAではレビュー数1023で評価は4.5、値段は101-229ドルと高い。
2.      ニューバランス 877
アマゾンUSAではレビュー数849で評価は4.5、値段は63から89ドルとなっている。
3.      ニューバランス608
アマゾンではレビュー数6990で評価は4.5、値段は45ドルと安い。

 これにベルクロの577を加えたものが老人向けのニューバランスと言えようが、肝心のニューバランスジャパンでは990以外は扱っておらず、残念である。少なくともアメリカで評価が高く、売れている商品は日本でも販売してほしい。これらの靴はサイズも4Eまであり、実際にいろいろなサイズを履いてみてピッタリした靴を選びたい。とくに年配者の場合、足幅が広くなることが多く、4Eあるいは6EFのサイズはほしいし、転倒防止のためには軽くて、つま先がカールしているものがよい。日本のメーカーは靴幅の種類が少ないのに対して、ニューバランスなどアメリカメーカーの利点は、幅のサイズが多く、店でシューフィッターが客に足に合わせた靴を選べることができる。紹介したニューバランスの靴はLLビーンでも買えるが、日本の直営店には置いておらず、すべてアメリカからの取り寄せとなる。サイズ交換には日数がかかる。

 靴に関しては輸入関税がいまだに30%と高く、早く関税撤廃をしてほしい。アメリに比べて日本での価格は高すぎる。アメリカでもアシックスの靴が人気であるが、日本と値段は変わらない。さすがに靴を含む革製品の高関税は時代遅れで、もはや国内企業も文句は言えまい。


2017年9月12日火曜日

北朝鮮の攻撃力

140キロトン核爆弾が東京都庁に

 北朝鮮の脅威が連日、テレビなどで報道されているが、ある程度、軍事的な知識がある人なら、笑ってしまうようなものが多い。

 例えば、今回、北朝鮮で水爆が開発されたが、一発東京に落とされたら、どうなるかという予想図では、世界最大の水爆、99000トンのツアリー・ボンバのケースが示されている。これは北朝鮮の水爆 120キロトンの80倍であり、ミサイルでは運搬されないため、現在ではこうした超巨大な水爆はない。少なくとも東京を全滅させるためには通常規模の水爆では数発が必要だし、日本全土では数百発、アメリカ全土では数千発が必要である。現時点では北朝鮮にはこれだけの数の原爆、水爆、ミサイルはないし、今後とも、膨大な数を揃えるのは無理であろう。一方、日本、アメリカのミサイル防衛システムは昔に比べ格段に進歩しており、北朝鮮から数十発発射されても、目標に打ち込まれるのは数発くらいであろう。それでも大きな被害がでるのだが、アメリカの報復、原水爆攻撃は数百〜数千発の規模であり、ミサイル防衛システムのない北朝鮮では、全弾命中し、文字通り北朝鮮は壊滅する。アメリカは自国に核攻撃がなされば、自動的に核報復をする。北朝鮮の1発の核攻撃に対して数百発という非対称なアメリカの攻撃となる。これだけのリスクがあるにも関わらず、北朝鮮がアメリカに核攻撃するだろうか。さらに北朝鮮のミサイル潜水艦を恐れる向きもあるが、北朝鮮のロメオ級潜水艦は1950年代のもので、隠密性に欠け、出港からすべて監視され、外海に出た時点で、即、撃沈となる。戦争になれば、1時間もしないうちに撃沈となろう。さらにそもそも北朝鮮は韓国、アメリカと休戦中であり、核攻撃するなら、まず韓国、アメリカを攻撃するはずである。とりわけ核攻撃を確実にするならミサイルよりは爆撃機によるソウルへの核爆弾の投下であり、日本がソウルより核の先制攻撃を受けることはない。

 同じく北朝鮮の戦車、戦闘機は1950-60年代のものであり、ほとんど戦闘することなく、一瞬ですべて破壊される。制空権の完全にない状態の戦闘は、イラク戦争の例を挙げるまでもなく、ほぼ虐殺状態となり、北朝鮮の兵士の多くは、戦闘をする前に壊滅されてしまう。確かに通常爆薬を積む中短距離のミサイルは多く保有しているが、せいぜい火薬量1トンくらいのもので、第二世界大戦中、ロンドンにV2ミサイルが1300以上発射されたが、犠牲者は2500人程度であった。日本への攻撃と言っても、ミサイル防衛でかなり撃ち落とされるし、韓国国内にも使われるため、通常爆弾の中距離ミサイルを東京に数百発打ち込む余裕はないし、それも地下に逃げれば、ある程度防げる。現在の北朝鮮の工業生産規模は、一度に数千発のミサイルを発射すると、その後の生産は継続できない。備蓄しているミサイルを打ち終わると、お終いで、攻撃手段はなくなる。また化学、生物兵器の使用を恐れる報道もあるが、ミサイルによるこうした兵器の使用は効果が不確実であり、一方、使用は国際的には核使用と同じ批判を浴びる。核兵器による報復も許される。絶対にあり得ない攻撃法である。

 さらに韓国との国境には、数百の170mm自走砲があり、開戦と同時に数千の砲弾でソウルを火の海にするとしているが、数十キロの長距離砲(東京茅ヶ崎)では砲弾の火薬量が少なく、かりに当たっても一軒家が破壊される程度であり、大きなビルや地下では完全に防げる。さらに発射と同時に場所が特定される、あるいは発射前に特定され、巡航ミサイルで破壊されるであろう。制空権のない地域での自走砲は単なる的にしかすぎず、ミサイル、爆撃による餌食となる。

 こうして見ると、北朝鮮の攻撃能力はせいぜい数日しか無理であり、その弾薬、兵器の国内生産量、石油備蓄量から長期の交戦能力はない。さらに長期に渡る経済状態の低下と社会の貧困、飢餓により兵士の士気は低く、指導者、指導層を守ろうとする意欲に欠ける。軍事評論家、軍人は、最悪の結果を常に考慮する癖をもつが、あまり国民を脅すのはどうであろうか。当然、北朝鮮との戦争になれば、韓国でも数千人、日本でも数百人、北朝鮮では数十万人単位の犠牲者がでるだろうが、戦争とはそんなものである。前回の朝鮮戦争とは違い、今回の起こるかもしれない第二次朝鮮戦争は、中国は北朝鮮の味方をしない。開戦は北朝鮮によるアメリカ、韓国へのミサイル攻撃から始まり、米軍、韓国軍の反撃、空爆、ミサイル攻撃で制空権、制海権をとった段階で、地上部隊の投入は中国軍の方が速いかもしれない。中国軍による北朝鮮の指導者の排除、核兵器、設備の破壊、そして中国寄りの政権の樹立し、それを日米韓で承認して終戦となろう。

  マスコミを見ていると、一人の犠牲者がでるのを躊躇うようなコメントがなされているが、戦争とは犠牲者がつきものであり、いかに味方の犠牲者を減らし、敵の犠牲者を増やすかを工夫する。理想的には味方の犠牲者がゼロになれればいいのだが、それは実際には無理で、どこまでの犠牲者まで耐えられるかが、国のリーダーの考えによる。中国の毛沢東は一億人くらいの犠牲者は何ともなかったようだが、安倍首相がどこまでの犠牲者に耐えられるか、試されることがないことを祈る。

2017年9月10日日曜日

ニューバランス990 V4 その2



 ニューバランス990V4を買って1か月になる。晴れた日はほとんど、この靴を履いているので、10kmは歩いていると思う。感想を言うと最高である。60年間、色々な靴を履いてきたが、これほど歩きやすい靴はない。

 これまでの靴、多分、百足以上は履いていると思うが、小指のところにまめができたり、踵の部分が痛くなったり、膝、あるいは下肢の前の部分の筋肉が痛くなったり、何らかの問題点があった。ウルバリン1000マイルブーツやダナーのブーツもいいのだが、いかんせん重くて、長距離の走行には向いていない。

 スニーカーについても、アディダ、アシックス、プーマなど多くの靴を履いてきたが、本当によい靴には恵まれず、唯一、ニューバランスの996の評判がよいので買ったものの、地面の硬さを直接ひろうため、膝が痛くなる。その点、ニューバランス990は、軽い上に、膝、あるいは下肢部筋肉の痛みが全くなく、長距離の走行をしても疲れが少ない。特に4Eという幅広のサイズがあるため、年配者にも優しい。

 以前、パタゴニアのR-2R-393歳になるお袋にあげたところ、非常に気に入り、寒くなると毎日使っている。軽くて、フォルムが立体的になっていて、肩こりがしない、疲れないなどの利点を持つ。パタゴニアというと若い人のブランドと思われがちだが、その機能性の高さは十分のシニア世代にも通用する。
同じように、ニューバランスも若者向けのメーカーと思われがちだが、例えばこの990などはシニア世代にもっとつかってほしいものだ。自分も若いうちは、やれ格好だ、流行だと追いかけていたが、この歳、61歳になると、機能的なものを追い求める。とりわけ靴、衣料は毎日、着るものだけにできるだけ楽なものを着たい。軽くて、動きやすい、来ていて楽、靴では疲れにくい、あるいは少しの段差でつまずきにくいなどを重視する。

 ニューバランス社でも会社としてシニア世代に売るべく、色々な対応をしているが、どうも値段の比較的安くて、履きやすい靴を勧めている。2万円以上の高価な靴は若い人を対象にしているようで、年配向けとしては紹介されていない。実は若い人より、老人を方が金は持っていて、本当にいいものであれば、金をだす。ただこうした若者向けで高価な品は老人には紹介されていないため、知らないだけである。一方、メーカーもこうした老人向けの需要には無関心なのか、全く広告もしていないし、製品開発も考慮していない。パタゴニアに例で言えば、昔のR2はゆったりしたシルエットで老人のも着やすいものであったが、最近のものは若者に合わせて細めのものとなっている。老人の場合は、気に入ってもフェイスブックやツイッターで言わないので、そのまま廃番となってしまう。また老人向けの雑誌も、こうした若者向けの製品は扱わない。

 若者に人気のあるもので、定番になっているものは、単にかっこがよいというだけでなく、機能的に優れているものがある。パタゴニアのR2もそうだし、ニューバランスの990もそうであるし、最近ではグラミチのクライミングパンツも履いていて楽である。アメリカの老人向けのHPや雑誌では、かなり広い範囲の製品が扱われているが、どうも日本の広告媒体は未だに若者老人のラインを引いているようだが、もっと機能的な面からの分析、評価が必要と思われる。

 ニューバランス990は日本ではD、2Eのサイズしかないが、アメリカの店では2ABD2E、4E6Eの幅のサイズと長さは7から1624.5cmから34cm)までサイズがある。他の靴はこれほどサイズの種類はなく、おそらく若い人から年配の人までの需要に答えたもので、そうした意味でもアメリカでも990はシニア向けの靴として売れているのだろう。あるいはこの下のランクとなる928も幅のサイズがBから6Eのサイズがある。できれば日本のニューバランス直販店では6Eサイズまでは用意し、客のあらゆるサイズに対応してほしい。靴の履きやすさも年配の方では重要であるが、最近はできるだけ靴べらを使用するようにしている。靴の傷みも減る。