2017年2月16日木曜日

廃藩置県と士族の上京(明治四年)


 明治二年一月に藩籍奉還があり、五月に箱館戦争が終了すると、いよいよ明治政権による武士解体が加速度化されていく。武士にとっての給料である禄が削減され、明治四年には廃藩置県が成立し、明治九年には秩禄処分により、禄は完全に廃止される。実際は、幕末から藩の財政不良に伴い禄は随時削減されていき、秩禄処分を待つまでもなく、士族の生活は次第に困窮していった。  

 こうした中、士族達が夢を託したのは子供の教育であった。新しい世の中に生き抜くためには、洋学(主として英学)が重要と考え、明治四年をピークに英学熱が高まった。東京では千を越える私塾ができたのもこの頃である。

 代表的な学校は、三叉塾(蓑作秋坪)、共立学舎(尺振八)、共学社(蓑作麟祥)、春風社(司馬凌海)、同人社(中村正直)、北門社(山東直砥)、日新社(福地源一郎)、攻玉社(近藤真琴)、鳴門社(鳴戸次郎吉)などがあり(慶応義塾百年史)、このうち幕末からあった慶応義塾、攻玉社と同人社の三つが有名で、明治の三大塾とされた。

 弘前でも明治四年前後に集中して、洋学を学ぶために上京する若者が多い。明治三年、四年に限っても、慶応義塾には菅沼歓之助(明治三年十月)、武田虎彦(明治三年十二月)、木村健太郎(明治四年五月)、須藤保次郎(明治四年五月)、竹森徳馬(明治四年五月)、小山内敬三(明治四年六月)、小野武術(明治四年七月)、篠崎左一(明治四年七月)が入学し、同人社には山田誠(明治四年三月)、他には官立校の南校には工藤勇作(明治三年七月)はじめ十名、南校(西洋医学)には佐々木元竜(明治三年八月)はじめ七名、静岡学問所には間宮数馬(明治三年十一月)はじめ十三名、他の学校も含めて明治三年、四年に青森からの留学者は六十三名を数える(「幕末・明治初期の弘前藩と慶応義塾」、坂井達朗)。実際の数はもっと多く、おそらくは百名以上の若者が洋学を学ぶために上京し、一種のブームとなった。攻玉社は創立者の近藤真琴と弘前藩士、山澄直清が友人であったことから、多くの弘前出身者が入学した。攻玉社の在籍者名簿には、明治三年入社には石川太祖右衛門、明治四年入社には津軽範、津軽八十郎、笹森愛太郎、菊池三郎、清野虎雄、柏原楽蔵、奈良忠平、明治五年入社には小山田雄五郎、藤田潜、山澄太郎三の名がある(「北の防人 藤田潜と攻玉社」外崎克久、昭和五十二年)。森鴎外の「渋江抽斎」にも登場する渋江抽斎の息子、渋江保は、安政四年(一八五七)江戸に生まれ、幕末弘前に住み、漢学、医学を学ぶが、明治四年(一八七一)に英学で身を立てようと決意する。上京して、共立学舎に入学する。共立学舎はとりわけ人気があり、明治三年七月に開設するや、わずか半年で千名を越える生徒数を誇り、その中でも渋江保はのちに総理大臣となる犬養毅と共に首席を競っていた(「渋江抽斎没後の渋江家と帝室図書館」、藤田直樹、参考書誌研究、)60号、2004)

 盛岡藩の新渡戸稲造は、明治四年、十歳で上京し、最初は日本人と中国人が共同経営するあやしい私塾に入学し、その後、藩主の経営する共慣義塾に移り、さらに明治六年に東京英語学校に進んだ(「幕末・明治の英学」、宮永孝、1999)。多くの士族は、突然、禄を失い、新しい時代に生きていくために、子供の教育に夢を託したし、子供達も立身出世のために青雲の志を持った。両者の強い思いがピークとなったのが明治四年ころであり、弘前からも多くの士族の子弟が東京に向かった。

 明治二年弘前絵図では約二千軒の士族の名が載せられている。東京に進学できる年齢の子を持つ親はどのくらい、はっきりしないが、仮に一軒一人としても二千人。この中から明治三から五年にかけて上京したものが百人としても1/20ということになり、すごい比率である。ある意味、明治五年の東奥義塾の開設は、こうした優秀な若者の県外への流出を危惧した結果なのかもしれない。

2017年2月15日水曜日

モリカミ博物館、日本庭園(フロリダ)

モリカミ日本庭園を見るメラニア夫人と昭恵夫人

森上助次さんの生涯を丁寧に追っています



 先日、トランプ大統領夫人メラニアさんと訪米中の安倍総理夫人昭恵さんが、一緒にアメリカ、フロリダのモリカミ博物館、日本庭園を訪れました。これはテレビで放送されていましたので、ご存知の方も多いと思います。ただ、どうして観光地パームビーチ近くに、このような立派な日本庭園があるのか不思議に思った人も多いと思います。

 実は、この日本庭園、広さは250エーカーもあるのですが、この土地を寄付したのが、京都府丹後出身の森上助次さんです。森上さんは、明治十八年、宮津町近くの与謝郡城東村滝馬の農家の長男として生まれ、1906年に神戸から渡米しました。広い土地で大規模な農業をして一山当てようとする野心もありましたが、初恋の人との失恋も渡米の動機になったようです。

 アメリカは大陸横断鉄道の工事などに大量の労働者が必要でしたので、1860年ころから中国から多数の移住者が来ました。その後、あまりに中国人の移住者が多いため、移住禁止令が出され、代わって日本人の移住者が1905年ころから増えていきます。主としてアメリカ西海岸部を中心に移住していきますが、フロリダでは原野を農場に開墾しようとする機運が高まり、それに応じたのが、旧宮津藩主の酒井醸でした。酒井はフロリダ半島を物色し、移住地と選んだのが、後に“ヤマトコロニー”と呼ばれるところです。多いときには100名以上の日本人がここで働きました。ワニやヘビの出る湿地で、その開墾は困難でしたが、日本人の持ち前の勤勉さと粘り強さ、そして工夫により次第に開拓が進みます。パイナップル栽培により経営的にも豊かになり、コロニーには小学校ができるまでになります。ところがハリケーンのような天災やキューバ産の安いパイナップル輸入、さらには日本人移住民の排斥などもあって、次第にヤマトコロニーを去る人が増え、最後は独身の森上さんだけがフロリダに残ることになります。こうした中、森上さんは二十三歳になって小さな子供達に混じって地元の小学校に入り、英語を学んだりしました。森上さんはその後も勤勉に仕事をしながらことこつを土地を買い求めていきました。ちょうどその頃、フロリダは保養地として注目されるようになり、お金持ちの別荘やホテルが建つようになり、それに伴い土地価格も高騰していきます。森上さんの土地も高くなりましたが、そうしたことに無頓着な森上さんは、亡くなる最後までこじきのような格好で汚いトレーラーハウスに住んでいました。毎日、農場に出て、作物を作る、それ以外の贅沢を求めない森上さんの唯一、心残りのことは、自分の土地のことでした。相続する者もいないため、フロリダ州に寄付することにし、それが森上さんの死後、現在の日本庭園になりました。あの世にいる森上さんもアメリカ大統領夫人と日本の首相夫人が来園してくれたことをうれしく思ったことでしょう。

 ここまでことはノンフィクション作家の川井龍介さんの「大和コロニー フロリダに「日本」を残した男たち」に詳しく書いていますので、ご興味のある方はお読みください。
 こうした日米首脳会議の日程は、トランプ政権の誰かが計画し、承認されたものですが、モリカミ日本庭園を選んだ理由は、フロリダ開発に力を尽くした日本人をねぎらうとともに、「メキシコからの不良難民はアメリカには入れないが、日本人の移住者は歓迎する」との意味があるのかもしれません。

2017年2月11日土曜日

歯科医院に行くのが怖い

おそらく歯科医院数は戦前の10倍以上になっている

患者さんの中には、治療後に東京の大学に進学する人が多い。夏休み、冬休み、春休み、帰省に合わせて、当院に来てもらい、経過をみているが、たまに虫歯が見つかる。十分に期間があれば、地元、弘前の歯科医で治してもらっているが、東京に帰る前日に来たりする。「それじゃ東京の歯医者さんで見てもらってください」と言うと、「どこかいいところがないですか」と問われる。青森の歯医者さんについては大体知っているが、東京の歯医者さんはほとんど知らないので、結局は「東京の方に聞いて、評判のよい歯科医で治してもらってください」と答えるしかできない。
 患者さんから質問に対して、治療技術の良否についてはあまり答えることはできないが、それでも青森の歯科医院では、少なくもと費用に関する心配はない。ほぼ保険での治療が主流であり、前歯の治療で審美性を重視する患者に限って自費治療を勧める。患者からの希望がなければ、基本的には保険治療をする。
 ところが、どうも東京の歯科医院では自費診療のところが少なくなく。友人の歯科医に聞いたところ、娘さんが東京の歯科医院に行くと、奥歯の小さな虫歯、こうした治療ではレジンというプラスティックのものを充填するが、これも自費を勧められるという。保険と自費の違いは何かというと、自費では拡大鏡を使った精密な治療を行うとのことである。さらに虫歯が神経に達している場合は、神経をとる歯内療法は自費となる。何でも顕微鏡を使った治療なので保険が効かないそうだ。補綴物も当然、自費となるセラミックのものが使われる。一本の歯の治療に20万円以上かかる。保険治療と自費治療で技術を使い分けるとは器用な先生である。
 保険医療機関では、基本的には患者選択はできず、来院した患者には保険での治療をすることが求められる。ただ患者が希望した場合のみ、一部の治療、例えば前歯の補綴物、インプラントなどは自費治療が可能となる。先ほど述べたレジン充填や歯内療法は、患者から拡大鏡を使った治療を希望しない限り、保険医療機関での自費治療は認められない。歯科医療法に触れる可能性もあり、ましてや親が歯科医とわかっていながら、こうした説明をするのは、勇気がある。さらに言うなら、虫歯治療、歯内療法にしても、拡大鏡を使い、時間をかけたからといって良い結果はでるとは限らない。こうした機器は、かなりレベルの高い治療を行う先生が、より高度な治療をするために必要なものであり、もともと治療レベルの低い先生がこうした機器を使ってうまくいくことはない。また治療時間についても、私の場合でも大学病院にいたときはマルチブラケット装置装着に2時間以上かかっていたが、今では30分ほどでできるし、昔より上達している。スピードは経験を積めば早くなる。
 保険治療には多くの制約があり、歯科医がもっとよりよい治療をしたという気持ちはわかる。また診療報酬が安すぎるというのも真実である。ただ今の診療報酬の数倍にせよと政府に言っても、それは現実的には無理であり、それじゃ自衛手段として自費を勧めるしかないと言われる。経営的にはそうなのだろう。そうなるとどうしても保険治療がなおざりになってしまいがちであり、逆にあまりやったこともない新しい治療を勧める。
 自費患者を誘導する手法は、実は昭和50年ころにもあり、当時は患者が非常に多く、忙しく、自費だったら治療してやるという感じであった。さらに前歯の審美的な保険治療は限局されていたため、自動的に自費治療として勧められた。その後、前歯の審美的な治療も保険導入されていき、歯科医院も増えたため、保険治療が一般的となった。ただここ10年ほど、歯科医院の増加、患者数の減少に伴い、たくさんの患者をみて稼ぐ保険診療手法ができなくなり、東京を中心に自費誘導型の歯科医院が増えた。
 40年前も、こうした風潮が大きくなりすぎ、社会問題となり、マスコミからパッシングされた。今後、問題が拡大すると同様にマルコミで叩かれ、厚労省が乗り出し、保険医停止などの脅しをかけ、収束させるだろう。虫歯が減り、患者数も減った状況で、その打開のために自費中心で、大規模、最新の医療設備を整えた歯科医院が増えている。40年前に同様の経営形態をしていた歯科医院が、今はほとんど絶滅したことを知らないのだろうか。私の知っている自費専門医も多くは、ほとんどわからないような場所でこじんまりと開業している。最小規模の歯科経営、これは保険中心、自費専門でも、最良の選択肢であることがわかっていない。


2017年2月9日木曜日

Heavy Duty アメリカ




 LL ビーンの製品は、好きで、愛用している。今頃の時期はいつもセール期間でかなり安くなっているので、来年用に購入することが多い。今回も何点か購入したが、そのひとつが“Katahdin Iron Works” シリーズで、これはメイン州の中央部にかってあったカタディン鉄工所で働く人々の衣料をモチーフに作られたもので、シャツ、パンツ、アウター、シューズなどある。どれもタフな作りとなっており、いわゆる”Heavy Duty”なものである。

 例えば、今回購入したシャツにしても、肘の部分は当て布がなされ、衿の部分は頑丈に補強されている。また布地も”NOR’EASTER cotton”という最もタフなものである。他にもこのシリーズではワークブーツもあるが、これはアメリカのチベワ社製のものであり、働く靴として高い評価がある。

 もともとアメリカ人はこうした“Heavy Duty”(酷使に耐える、頑丈な)という言葉が好きで、物作りの中心的な考えとなっている。物の価値を評価する基準として、頑丈で故障せず、長持ちするということが求められる。こうした考えを示す例として、第二次世界大戦当時の戦闘機、零戦とP47戦闘機(サンダーボルト)を比べるとはっきりする。零戦は出力の低いエンジンで高性能を出すために、機体を極限まで絞り、軽くした。一方、P-47戦闘機は大出力にエンジンで大型な頑丈な機体を引っぱるもので、零戦は簡単に撃ち落とされたが、P-47はなかなか撃墜されなかった。設計思想が全く異なる。こうした考えはそのまま継承され、サンダーボルトの名を継承したA-10爆撃機は、史上最高のタフさを示し、相当な被弾を受けても墜落しなかった。そのため、何度も退役が検討されたが、その都度、熱烈な要望があり、今でも一線で活躍している。

 こうしたタフさは、アメリカ人が昔から最も好きな要件であり、日本車、とくにトヨタがアメリカで売れる理由でもある。私にすれば、トヨタ車などデザインが野暮ったいと思うが、日本車の中でも抜きん出て故障は少なく、タフである。タクシーに使われているトヨタ車(クラウンコンフォート)は少なくとも70万キロ、100万キロは走る。またトヨタがだす新型JPNタクシー車でも50万キロまでは確か保証されていると思う。最近ではスバル車もそのタフさで人気が出ているが、ようするにこうした頑丈さをアメリカ人はなにより愛する。他にはカシオのG-Shock、これもアメリカ人受けするもので、絶大な人気がある。またニコン、キャノンがカメラの世界で不動の地位を得たのも、ベトナム戦争始め、過酷な状況下でも故障しなかったことが挙げられる。

 日本製品は海外輸出、ことにアメリカへの輸出に対して、こうしたタフさが求められ、結果的には故障の少ない、信頼性の製品となった。いかにも頑丈なトランプ新大統領が選ばれたのもタフさを愛するアメリカ人の精神の合致したのかもしれない。個人的には、同和政策のために高い関税率(30%)となった輸入皮靴の関税の撤廃を希望する。アメリカ製の革靴、ことにワークシューズには非常に優れたものが多く、電化製品同様にアメリカ並みの価格設定にならないかと期待する。