2017年3月23日木曜日

歯科用レントゲン撮影装置の買い替え


 どうも最近、診療所のパントモとセファロ撮影装置の調子が悪い。開業以来使っているものなので、22年目になる。メーカーに問い合わせると、修理部品はないので、修理はできない、壊れたら廃棄と言われた。矯正歯科ではパントモとセファロがないと仕事ができないので、これは困ったことになった。といっても写らないわけではなく、以前と同じ撮影条件で撮ると、パントモ写真が薄く写る。あと十年は仕事をするつもりだが、九年目に壊れると、これはばかみたいなので、早速、新しい機種の選定を始めた。以前、クインテッセンス別冊に「デジタル時代こそフィルムエックス線撮影装置が手放さない(2012)という論文を投稿したくらいの、筋金入りのフィルムエックス線写真の擁護派ではあるが、さすがにこの時代にフィルムエックス線撮影装置を買うのは躊躇われる。
この論文でも述べたが、オルソパントモ写真は明らかにデジタルの方がフィルムより優れている。まず画像が鮮明で、瞬時に見られること、過去の画像との比較が容易なこと、さらにこれは一般的なデジタルレントゲンに当てはまることだが、現像液、定着液、フィルムなどの消耗品がいらないこと、被爆線量が少ない(約半分)などが挙げられる。一方、セフォロレントゲン写真では、多くの矯正歯科医は一度、デジタルでもプリンターで印刷してから、トレースすること、さらに後で分析をするため即時性が必要ないことから、パントモほどデジタルの優位性は少ない。
  
 そこで、歯科材料屋にパントモーデジタル、セファローフィルムの機種を探してもらったところ、日本のメーカー、一社のみがそうした機種を出していた。ところが見積もりを出してもらうと、セファロ機種があまり売れないせいか、デジタルパントモ単独機種より三百万円も高い。それでなお、性能は二十年前に買ったのと全く同じで、撮影はマニュアルという。セファロはマニュアルであれば、実に単純な構成で、管電圧と照射時間で決定される。小児から大人までといっても、管電圧と照射時間の設定は数種類しかなく、私のところのセファロレントゲンはオート設定が十年くらいで壊れてからは壁に貼った設定表に従ってマニュアルで撮っている。例えば、カメラでいうと、シャッタースピードと絞りの関係が、1/60-F5.6, 1/60-F81/60-F11の3種類しか設定のないカメラのようなもので、ほとんどおもちゃのような性能である。これが三百万円アップとは全く解せない。

 結局、不本意ながらセフォロもデジタルのものを探したが、一番安いものは、CCDセンサーをパントモとセファロで共用するもので、セファロ撮影にはハイスピード設定で数秒かかる。人間がじっとしていられるのは、せいぜい2秒なので、数秒はかなり厳しい。セファロ写真を小さなCCDセンサーでスキャンして撮影するためにこの時間がかかる。これでもCCDセンサーの感度が多少よくなって、スキャンスピードが上がっている。これを解決するには、フィルムと同じ大きさのCCDセンサーを使うワンショット撮影だが、見積もりでは一千万円以上かかる。いまやCT撮影機でももっと安いだけに、勘弁してほしい値段である。

 ここ十年くらいデジタル撮影装置の発展を見てきたが、結論からすると、医療用デジタル撮影機はカメラの感覚からすれば、一、二年くらいの進歩しかしていない。デジタルカメラの価格競争は、センサーの低価格によるところが大きいが、こと医療用、X線検出用センサーとなると売れる台数が圧倒的に少なく、センサー部品製造会社も限られている。フラットパネルセンサーなどの新しいものも出てきているが、値段が下がったわけではない。さらにOSも含めて機器の陳腐化だけが早くなり、もはやデジタルX線撮影装置でも部品保管期間が十年程度なので、それ以降は修理不可能となる。歯科医院として、歯科用ユニット、レントゲン撮影器材とも十年程度のスパンで買い替えを迫られる時代になったのかもしれない。

2017年3月17日金曜日

兵器の信頼性



 兵器などの軍需品で最も大切なことは、性能はもちろんですが、耐久性と信頼性が必要です。いくらいい兵器でも実戦で故障して使い物にならないのでは大変なことになります。小銃がすぐに故障したなら、逃げるしか方法はありません。そのため、兵器開発はとてつもないテストが求められ、さらには実戦に投入して、その欠点を探り、改良していく必要があります。自衛隊の主力戦闘機のF15にしても開発開始は1968年、初飛行は1972年、部隊配置は1976年、航空自衛隊の配備は1981年ですから、すでに35年になります。最も安定した機体でしょう。さらに最新の戦闘機F35では検証機の初飛行は2000年、A型では2006年、そして運用開始は2016年と、検証機の初飛行から16年も経過してようやく配備が開始されました。今後、実戦でさらに検証されていくのでしょうが、第二次世界大戦の戦闘機に比べて現代機はコンピューターのかたまりとなり、あらゆる状況を想定すると開発には時間がかかるようです。
 
 こうしたことから、兵器には、新しい性能とともに信頼性と耐久性が求められるため、確立した技術の上に少しずつ改良を加えるやり方が一般的に行われます。例えば海上自衛隊の潜水艦、イージス艦などはその典型で、同型艦を何隻も作り、信頼性を高めています。一方、韓国、中国では、民間企業においても目新しさを追求するあまり、信頼性と耐久性には重きを置かない体質のようです。中国のステルス機やミサイルもお粗末なものでしょうし、韓国にいたってはまともな兵器は存在しません。

  現在、大陸国家である中国が海洋国家を目指して海軍の大幅な拡張をしています。ソ連の中古空母を改良して空母遼寧を作り、二隻目の空母を建造中です。ただ第二次世界大戦から70年以上、空母を作り続け、数多くの実戦を行ってきた米軍に対抗するためには、運用面を含めて追いつくことは絶対にできないことでしょう。日清戦争時の定遠、鎮遠にならなければいいのですが。海軍力の増強は莫大な費用を要します。財政的な圧迫により、国家の破綻を招く恐れがあるように思えます。

 一方、中国の新型、ステルス戦闘機として殲-20が航空ショーで、その飛行を披露しました。全長が20mを越える大型機で、飛行を見ていても、カナード翼があるためかろうじて前後のバランスがとれているような飛行で、とても俊敏な動きはとれそうではありません。1950-60年代のアメリカ空軍の迎撃機、F-102を思い出します。この機体は、ソビエトの核武装爆撃機を迎撃するために開発された機体で、旋回性能などは無視され、上昇力と速度に重点がおかれました。中国の殲−20も遠距離からステルス性能を用いてミサイルを発射する母体という概念でしょう。目視による格闘戦が始まるような状況は想定していないでしょう。現在の戦闘機は制空戦闘だけでなく、爆撃もできるマルチロール機が主体となっています。これは一機種を多数持つことで、生産費を抑えるだけでなく、運用向上も高まるためです。さらに多くの中国機はエンジンをほぼロシア製にたよっているため、ロシアに首根っこを押さえられている状態です。またロシア製エンジンは開発思想がアメリカとは違い、耐久性が低く、寿命は1/10以下とされ、頻回な交換を必要とします。現在、中国は総力を挙げて国産エンジンの開発をしていますが、信頼性、耐久性の低いロシア製にも劣っています。エンジンはその国の工業力レベルをそのまま表すもので、今やアメリカ製エンジンといってもヨーロッパ、日本の工業製品が多く使われています。


 福島原発の内部状況を見るために、多くの日本製ロボットが投入されていますが、どれもすぐにダメになってしまいます。あれだけロボット王国、日本と自慢して、このざまです。唯一、活躍できたのはアメリカのアイロボット社のもので、中国、韓国の兵器は信頼性が低いと言いましたが、日本もこの点ではにたりよったりです。次期主力戦闘機F3を国産でという声も聞きますが、戦後、一回も実戦経験のない日本で作るのは無理で、アメリカの航空会社と共同開発というのが常識でしょう。

2017年3月12日日曜日

日本の歯科は世界一

 日本に住んでいる外国人に聞くと、日本は本当に住みやすい国だと答える人が多い。安全で、きれい、生活しやすいと言う。以前は物価が高いと言われていたが、バブルがはじけて、この30年、物価上昇が少なく、結果的には住居費、食費なども安いということになった。とりわけ、多くの外国人が口を揃えて驚き、喜ぶのは医療面、医療費が安く、アクセス、サービスが優れている点である。海外、ことにアメリカでは医療費がべらぼうに高く、もし病気にでもなろうなら、それこそ破産してしまう。おちおち病気にもなれないし、なったら何とか病院に行かずに治そうとする。こうした恐怖は、日本で生活する場合は、基本的には心配する必要はない。これは生活する点では大きな魅力となる。

 こうした日本の医療制度のメリットは「日本の医療 くらべてみたら1053分で世界一」(真野俊樹著、講談社プラスアルファー新書)に詳しい。この本では、世界の医療システムを高自己負担・高医療型(高額な医療費で高度の医療、アメリカなど)、低自己負担・低医療型(あまり高度医療は期待できないが、窓口負担がほとんどかからない、イギリス、北欧)、中自己負担.中医療型(ほどほどの費用で一定レベルの医療、日本、ドイツ、フランス)の3つのタイプにわけており、著者の見解では日本はドイツ、フランスに比べて保険での医療レベルがもう少し高く、中自己負担・準高医療型としている。

 そのため、青森県にくるALT、英語の先生の中には、アメリカでの医療費が高いので、その治療のために日本で先生になり手術を受ける人もいる。おかしな話ではあるが、アメリカの手術費はべらぼうに高く、矯正歯科関係で言えば、あごの手術費はアメリカでは500-1000万円かかるが、日本では高額医療制度を使えばせいぜい8万円くらいですむ。うちの患者ではないが、実際にこうした先生がいた。日本で2年間、勤務すれば、給料をもらえた上、医療費も浮くからである。

 歯科については、海外との差はさらに大きい。低自己負担・低医療型の北欧でも、18歳以下の子供の歯科治療は無料であるのに対して、19歳以降の歯科治療は保険がきかない国が多い。中自己負担・中医療型のドイツでも負担割合が歯科処置によりかなり変化し、次第に負担率が増えており、フランス、イギリスでも同じ傾向だったと思う。歯科疾患はかなり自己管理によるもののため、自己管理を怠って、虫歯が歯周疾患で歯を失っても、それは自己責任で、自分の金で払えということのようだ。

 それに対して、日本では歯科医療も他の保険医療と同じ範疇に入り、治療法により負担率(3割)がかわることはないし、矯正治療以外のほとんどの歯科治療は保険でカバーされている。これは患者さんにとっては非常にありがたいことであるし、最近は歯科医院も増え、診療所で待たされることも少なくなり、丁寧な治療をしてもらえる。外国人が日本で歯科治療を受けると、まず窓口支払いのあまりの安さに不信感をもち、何か裏があるように思う。そして何もないこと知ると、ようやくその安さに驚く。アメリカ人は基本的には自国の医療技術を誇るが、実は矯正歯科でもそうであるが、その医療レベルはそれほど大したことはない。以前、アメリカの歯科大学、補綴大学院、開業をしていた先生が、どういうわけが、弘前大学に研修医として来ていたことがある。子供の治療のためにうちの診療室を使わせてほしいと言われ、実際の治療を見たことがあるが、こんなものかと思ったことがあったし、アメリカで矯正治療を受け、治療途中で青森に帰ってきた患者を数名、引き継いだことがあるが、治療内容はかなりおそまつであった。一部の高度な治療を行う専門医を除いて平均的なアメリカ人歯科医の技術レベルは日本と同等か、おちるというのが実際の感想である。これは医科のことについて書かれた先の本でも同じようなことが書かれている。

 このような世界で最も理想的な日本の医療システムあるが、このシステムを支える前提は安価な治療費で多くの患者をみて長時間働く医師の存在がある。ところが歯科においては、その根本となる疾患自体が急速に減少してきており、安価な治療×患者数の図式が崩れ、経営が成り立たなくなってきている。かつて12歳の子供の虫歯数は6、7本あったのに対して今の子供の虫歯(治した歯も入れて)は1本以下になっており、こうした子供達が大きくなる頃には、さらに疾患数は減る。確かに歯周疾患はそれほど減ることはないにしても、歯科の二大疾患の片方が減ることは、まちがいなく歯科医院の受診者数は減る。保険制度を維持するのは、今一層、学生には気の毒だが、出口の調整が必要となろう。昭和60年ころ、歯科医師国家試験合格者は3000人いたが、最近では2000人くらいになり、入学定員も27%減った。ただ出口をしぼっても効果がでるのはかなり先であり、それまで依然厳しい状況は続く。

 最近の歯科医院をとりまく状況については平成27年度の「歯科医師需給問題を取り巻く状況」がわかりやすい。

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10801000-Iseikyoku-Soumuka/0000075061.pdf

2017年3月10日金曜日

シャーロット・ランプリング「さざなみ」



 ツタヤの宅配DVDを使ってもう78年になるか。毎月4本ずつ、自宅にDVDが送られてくるので、少なくとも年間で24本の映画を見ていることになる。昔は年間100本を、それも映画館に見に行っていたことからすると、少なくなった。それでも最近はあまり見たいと思う映画は少なく、新着ビデオの中からヨーロッパ、アジアの小品を選んでいる。これらの作品は上映館も少なく、青森ではなかなか見られない。

 昨日は、かぜにかかって一日中家いたので、イギリスの「さざなみ」という映画を見た。これがなかなか怖い作品でぞっとした。

 結婚45年目を迎える老夫婦。そこに一通の手紙が配達される。スイスから手紙で、50年前になだれによる事故で亡くなった女の人の遺体が見つかったという通知だった。夫、ジェフの昔の恋人で、スイスアルプスに一緒に旅行に行った際になだれに巻き込まれ、そのままの姿で最近、氷河の中から発見された。手紙が来てから、ジェフは急にそわそわし、夜中に物置にある恋人の手紙や写真を探し出す、旅行会社に行ってスイス旅行を相談する、妻とのひさびさのセックス。こうした夫の態度に、次第に妻、ケイトは不信感を持つようになり、これまでの45年間の結婚生活にさざなみがたっていく。

 こうして書くと、私も含めた多くの熟年夫婦にありそうな話であるが、最後の場面、結婚45周年パーティーで、夫のジェフは能天気に妻の献身的な愛を褒めちぎるが、ダンスが終わると、妻、ケイトはさっと手を離す。死ぬまでジェフのことをゆるさないことを暗示したまま、映画は終わる。この手紙がなければ、幸せな結婚生活のまま終わったのに。怖い結末である。

 男女とも、昔の恋人の話をすることは、絶対にすべきでないし、ばれてはいけない。ところがこの夫、ジェフは病気になり耄碌したとはいえ、妻から「もしこの人が亡くならなかったら結婚した」という問いに、簡単に「そのつもりだった」に白状してしまう。致命的である。ここはそうは思っていても「わからない」あるいは「それは絶対にない」と答えるべきである。さらに物置の奥に、かっての恋人の写真(スライド)を隠し、それを妻に発見されてしまう。最悪である。妻からすれば、若くして亡くなった元恋人は、年老いた自分にはどうしても勝てっこない存在であり、長年にわたって築いてきた、いとおしい自分たちの結婚生活が突如がらがらと崩れていく。それからは夫の行動、自分への愛、すべてが欺瞞的なものと感じられる。

 主演のシャーロット・ランプリングは最初、誰かわからなかった。私にはビスコンティーの「地獄に落ちた勇者」、「愛の嵐」のイメージが強烈で、温和な表情の彼女の姿が一致しなかったからである。とこらが映画の後半、夫の裏切りを知ってからの彼女の表情の中に、一瞬、「地獄に落ちた勇者ども」の怖い表情を思い出した。すごい演技で、ことにダンスをして久々に夫とセックスをするシーンはリアルであった。

 こういった轍は踏まないようにしようと肝に命じることができた作品で、熟年夫婦に見てほしい作品である。くれぐれも奥さんと一緒に見て、「俺もこんな彼女が昔いた」などとは言わないように。その時は”地獄に落ちた勇者ども”となるでしょう。