2018年6月21日木曜日

逝きし世の面影



 本の中には、ページ数の割に内容を2、3行で要約できるものがある。こうした本は、読むのも早く、新書版であれば2、3時間で読める。逆に中身が濃くて、数ページ読むにずいぶんと時間がかかる本がある。内容が難しいというわけではなく、1ページにある情報が多くて、読み飛ばせないのである。これは著者の資料の多さを物語るものであり、長年のそして膨大な量の資料を用いた本は、内容が濃くなり、読むのに時間がかかる。

 今、読んでいる「逝きし世の面影」(渡辺京一著、平凡社ライブラリー、2005)は、そうした本である。幕末から明治初期に来日した外国人の証言、本から、当時の日本人像を構築した。明治期の外国人が描く日本人の姿は、これまである種の先入観を持って書かれたものであり、どちらかというと眉唾ものとして評価されてきた。例えば、日本人はいつも笑顔で、幸福であると言っても、これは日本人のある一面的な姿で、実際は藩による年貢が多く、過酷な労働に明け暮れ、満足に食事をとれない 地獄のような生活だったとする左翼系歴史学者がいる。こうした考えに対して、著者は多くの外国人が共通して指摘することは、より真実に近いという立場をとる。外国人は道を歩くと野次馬ができ、入浴中の男女が裸のまま出て来て見学する、今では絶対にこうしたことはおこらないが、百五十年前の日本人の好奇心はこれほどだった。

 最近、上京して地下鉄内で家内としゃべっていると、うるさいと注意された。その時はかちんときたが、ネットで調べると電車内は公共の空間であり、勉強する人、寝る人の迷惑にならないように私語を慎むのがマナーであるとの意見が多い。そういえば、東京にいくといつも不思議に思ったのが車内の静音であり、しゃべっているのは外国人ばかりで、日本人は一様にスマホを見ている。こうした空間では大声でなくても普通の会話でもよく耳に入り、気になる。ただこうした現象は東京だけであり、大阪では車内でしゃべる人は多いし、外国の列車内はもっとうるさい。大阪や外国の車内で、隣の夫婦がしゃべっているのをうるさいと注意すると、逆にしかられるだろう。ある意味、電車内では誰一人しゃべらない、しゃべれない無言の空間、これは世界的、明治の日本人から見てもどうも奇妙な状況である。

 「逝きし世の面影」では外国人を虜にする日本の女性、子供、工芸品を様々な資料を用いて説明、解説している。先日、“迷宮グルメ”を見ていると、ミャンマーの電車の中でヒロシが電車に乗るおじさんのアルミ容器に入った弁当を見せてもらっていた。ごはんと魚の炒め物だったが、さらに隣に座る女の子にも弁当見せてと頼んだところ恥ずかしいそうにしながら弁当を見せてくれた。外国人からの要望に親切に答えたのだろう。かわいい仕草である。これを東京の地下鉄でしたらどうだろう。いくらテレビの取材とはいえ、見せてくれる人はいないだろし、おそらく変人扱いあるいは警察を呼ばれるかもしれない。さらに隠し撮りされてツイターで“弁当みせてくれおじさん”で拡散されるかもしれない。明治の日本人もこのミャンマーの人々と似た性分だったのだろう。それでは今の日本人はこうした性分はなくなったのかというと、そうではなかろう。ただマナーとか、実際は一部の人だけの常識が、そうした性分を覆いかくしているのだろう。生きにくい世の中になったものである。私自身は明治の人々の生き方の方が“電車内私語厳禁”よりは好意を持つ。電車内で私語は厳禁であるが、若いアベックのいちゃつきはOK、授乳はダメだが、ノーブラ、超ミニはOK。子供ころ、50年程前までは、赤ちゃんに母乳をあげるシーンは当たり前のことであったが、今やマナー違反になっている。ある所作が不愉快に思う人が多くなっていくとマナー違反となるのだろうが、もっとおおらかであったもよさそうなものだが。ますます窮屈な世になってきた。昔の日本に思いをはせるには、「逝きし世の面影」は名著である。明治百五十年。すでに滅びた日本文明を再検討するにはいい機会かもしれない。

2018年6月17日日曜日

ワールドカップ ロシア


 いよいよワールドカップの開幕である。ロシアということで時差がうまい工合にズレて、夜に番組を見られるのがうれしい。今大会からビデオ判定が大幅に取り入れられ、オーストラリア対フランス戦でもきわどいペナルティーキックやゴールシーンがあったが、皆が納得できる結果となった。特にオーストライリア対フランス戦の2点目は、ゴールライン判定は1cmくらいの微妙な判定で、一度、ゴールポストから跳ね返ったボールが着地後、ゴール外に出てキーパーがキャッチしただけに、これまでの審判の判定では半分以上の確率のノーゴールとなっただろう。公平性の点では優れた方法と言えよう。

 さて日本はどうかというと、ひとえに日本のGKの活躍による。今回のロシア大会のゴールキーパーは、長年日本代表である川島とガンバ大阪の東口、そして若手の柏レイソルズの中村の三人である。ワールドカップ前の強化試合、スイス、ガーナー戦では川島が、パラグアイ戦では東口と中村が出た。川島は軽卒なプレイもあり、あまり安定しておらず、調子はよくない。東口ももっとアピールすべきであったのに、ポジショニングが悪く、パラグアイの中距離のボレーをとれない。あれをとらないと日本代表の正GKには無理だろう。若手の期待の星、中村も2点目は守備の選手をだぶったという不運はあるが、十分にとれる球である。正GKになるためにはビッグプレイが必要なのだが、東口、中村ともそうしたアピールはなかった。ベテランの川島が日本のゴールを守ると思う。川島が23本、ビッグプレイをすれば、例えば1:0といったスコアで、勝つことも考えられるが、そうしたプレイがないと、3戦とも敗戦となろう。

 先月、鹿児島に行く折、羽田空港に待ち合いにいると、元日本代表の川口選手がいた。確か40歳を過ぎていると思うが、現在、SC相模原の一員として鹿児島での試合のために空港にいた。プロファイルでは身長は180cmとなっていたが、立った時を見計らって私(176cm)も立ってみたが、少し高いくらいで180cmには欠けるだろう。私も学生の頃はGKとしては背が低く、ハイボールには苦労したが、日本代表の川口選手の苦労はそんなものではなかろう。すごい選手だと思った。川口選手の特徴は、反射神経が高く、本当に多くのビッグプレイをした。高い球の処理にはやや不安があったが、ペナルティーキックを含めて近距離からのシュートには強く、ボンミスも少ない。


 日本の対戦相手のコロンビア、セネガル、ポーランドであるが、予想では3敗という声が多い。これを21敗、12引き分けで決勝トーナメントにいくのは、すべてGKにかかっている。予選リーグでは点をとられなければ、引き分け、勝ち点1をとれ、3試合で勝ち点3となり、予選突破もありうる。今回のワールドカップでもアイスランドのGKがアルゼンチン、メッシのペナルティーキックを止めるビックプレイをして、引き分けとなった。いい試合で感動した。ワールドカップにはきれいな試合は必要なく、がむしゃらな試合が望まれる。川島選手も是非、ビッグプレイの連発で、緒戦、パラグアイ戦、引き分けになってほしいものだ。(個人的にはそろそろ中村航輔になってほしいが、ワールドカップは荷が重いか)。

2018年6月14日木曜日

パタゴニア ベースレイヤー

左上:ナイントレイル 右上:キャプリーン ライトウェイト
左下:ミッドウェイト 右下:サーマルウェイト




 最近は、パタゴニア製品に凝っている。6年前に最初に買ったのがR2で、これは津軽の冬にはかかせないアイテムとなり、その後、もう少し厚いR3を購入し、さらに昨年は新しいタイプのR2を購入した。ここまではもっぱら冬用の衣類として役立った。ほぼ冬の間、毎日、この3つを着用しているので、初期投資は高かったが、一回当りと考えると安い。
 
 3月になるとさすがにR2R3は単体でも暑く感じ、かねてから欲しかったR1を購入した。これはプルオーバーのものにしたが、これは春先の3月、4月には工合よく、おそらく津軽では10月ころからまた使えるだろう。本当に汎用性の高いもので、東京以南の地区ではR2R3よりR1を使う機会が多いのではないだろうか。さらにベースレイヤー、つまり一番下に着る衣服が気になりだし、最初に有名なキャプリーン サーマルウェイト、これはキャプリーンシリーズでも最も厚いものだが、を購入した。これは案外暖かく、これまでLLビーンの普通の綿のタートルネックを着ていたが、R1+サーマルウェイトのコンビとなった。非常に動きやすく、また汗をかいても乾きやすい。その後、他のキャプリーンシリーズはどうかと、長袖のミッドウェイト、半袖のライトウェイトを買った。またナイントレイルも評判が高いので半袖のナイントレイルも買った。ものすごい勢いで購入している。というのも、パタゴニアの製品はあまり値引きがなく、スペインのTrekkinnという通販を利用しているが、2枚買っても送料は同じなので、2枚買うことにしたからである。

 冬場、春先のR1R2R3およびキャプリーンのサーマルウェイト、ミッドウェイトの能力は実証できた。さすがに山用のばりばリのものなので、町での使用には全く問題なく、非常に快適である。洗濯しても乾きが早く、また消臭性もあるため、できるだけ衣料を少なくしたい断捨離の人には向いている製品である。

 さていよいよ夏である。夏はそもそも衣服を着ないシーズンなので、T-シャツくらいあればよいと考えていた。先日、10kmほどの長距離散歩を炎天下(30度近い)の中、行ったが、その時に着たのがナイントレイルの半袖Tシャツである。これはポリエステル素材だが、風合いは全く綿であり、それでいて速乾性がすごい。汗をかいてもすぐに乾くのである。綿であれば汗でばったりと背中にひっつくようなことがあるが、この製品にはそうした不快感はない。さらに軽くて動きやすい。たかがTシャツだが、普通のものとは別物であり、驚いた。

 モンペルのジオラインもそうだが、こうした機能性下着と呼ばれるものは、本来、登山などの過酷な条件での使用を目指したものである。日常使いにはオーバースペックではあるが、ところが実際に使うと本当に便利である。速乾性で下着を脱いで石けんで洗い、絞ってほせば数時間で乾いてしまうし、消臭性もあるので2、3日は着られる。さらに軽く、立体裁断しているので動きやすい。また山での過酷な使用を想定しているので耐久性も高い。あまり数を用意しないでも頻回に使える。こうした利便性は値段の高さを上回るものであり、むしろ体がいうことが効かなくなる老人世代こそ、積極的に使うべきだと考える。歳を取ると尿漏れなどもあるが、速乾性で消臭もあれば、汚い話であるが、そう何度も着替える必要はない。今の年寄りは私も含めていいものは多少高くても買う。デイパックにダウンコートというコンビも昔は若者の格好であったが、今や津軽では年寄りの冬の標準になっている。軽くて暖かく、両手が使えるのが便利で、こうした格好になった。パタゴニアやニューバランスのようなメーカーも販路を広げる意味からもシニア世代へのもっと宣伝をすべきであろう。



2018年6月7日木曜日

スポーツの全国大会をなくせ





 つい最近も患者の親から「部活(バスケット)の先生から矯正装置をつけると試合で怪我しやすいので部活がすべて終了するまで1年、治療を遅らせるように」と言われた。先生の指導に逆らうと試合に出してくれないので、装置の装着は1年後にしてほしいと嘆願された。おそらくこの顧問は矯正治療のことは全くわかっておらず、アメリカのプロバスケットリーグNBAの選手の中にも矯正用ブラケットをつけている選手はたくさんいるし、それこそ中高校生まで入れるとアメリカのバスケットをするほとんど生徒が矯正治療を受けていることは知らないのであろう。母親にはバスケット部の顧問からこちらに連絡するように言った。多分、大きな理由もなく、適当に母親に言っただけで、こちらに連絡することはなかろう。

 矯正装置そのものが部活の邪魔と言われたのは初めてだが、練習が忙しくて月1回の矯正治療に行けないという生徒は本当に多い。一日でも部活を休めば、顧問の先生に睨まれ、試合に出られないという。強いチームなのかと聞くと、1、2回戦で負ける弱いチームである。毎日、毎日、月1回の矯正治療にもいけないほど、練習していて勝てないのは、中学生レベルではコーチ、監督の指導力の問題であろう。こちらが親であれば、月に一回も休めないくらい練習して一回戦に負けるのはコーチの責任であると言ってやるが。

 スポーツ強豪校のコーチは、自分が若い頃受けた経験で考えるのだろう。俺たちは毎日、それこそ休みは正月だけという練習で強くなった。お前達も一生懸命練習すれば強くなると言うのだろう。ところが私の場合は、進学校だったせいか、サッカー部の練習は週に3回、例えば中学なら月、水、土曜日、高校なら火、木、土曜日となっていた。日曜日は試合が多かったが、それ以外の平日の日の練習はない。もちろん、全国大会であっても学校の授業に支障があれば、出場辞退となる。あくまで学校の授業が中心で、部活はおまけとなる。平日の練習は授業の終わる4時から6時ころまでとなる。夏休みや冬休みでも毎日練習はなく、それも午前中で終わるという感じであった。それでも兵庫県や神戸市の大会では常に上位であったし、近畿大会では優勝した。まったく練習時間と成績は関係ない。

 子供が中学校の時にバレー部に入っていたが、練習中、膝の十字じん帯を断裂した。大学病院に入院し、退院後、体育館の椅子に座って練習をみていたら、監督から「何を椅子に座っているのか。立って見学しろ」と言われた。その話を聞いて、この監督はバカだと思ったし、娘もそう感じたようで、そのまま退部した。膝じん帯は退院したからといってまだ完治したわけではなく、無理に立たせる必要は全くない。座ってできる筋肉強化や理論の勉強などをさせるべきで、チームの士気が低下するという理由で、立たせるのは指導者としては失格である。同じ大学病院の整形外科病棟に二人の小学生は肘の手術を受け、入院していた。どちらも小学校野球部である。小学生で肘の手術をさせるような練習をさせるコーチはこれだけで失格であり、はっきりいって永久追放であろう。小学生の肩や肘を壊させる練習過多はその選手の将来の選手生命をつぶし、最もしてはいけないことである。きちんとしたクラブでは練習日数や投球数を規定して管理している。

 卓球、バトミントンなど多くの競技で、学校部活中心ではなく、優秀な選手を若いうちにピックアップして、中央の専門コーチにより指導をされるようになった。結果、トップレベルの選手の技術が飛躍的に高まり、オリンピック、世界大会での良い結果に繋がっている。つまりトップの選手を育てるのは、エリート教育をした方がよいのである。逆に言えば、中学校の段階で、こうした選抜に選ばれない選手は、将来オリンピックやプロの選手にはなれないことを意味し、それなら体を壊すほど練習する必要は全くない。

 欧米ではサッカーにおける10歳以下のヘディング禁止が流れとなっており、これも含めて青少年期のスポーツでは、子供の発育、健康への配慮が徹底している。日本の部活の最も大きな問題点はスポーツの全国大会の開催であり、その頂上を目指して各学校が勝ち負けを絶対視する。最近では、競技によって中学あるいは小学校の全国大会がある。これはすべて禁止すべきであり、せいぜい県レベルの大会で終了である。全国大会などなくても、今ではオリンピックやプロになる選手はピックアップでき、そうした選手は英才教育をすればよく、それ以外の選手は全国大会などなくてもよい。実際、卓球やバトミントなどの競技では、若くて優秀な選手がどんどん出現しており、彼等にとっては中学や高校の全国大会など全く意味はなく、オリンピックや世界大会が目標となる。実際、サッカーJリーグの選手を見ても最近では高校よりクラブユースの出身者が多くなり、プロの登竜門として高校サッカー部の価値は低下している。