2018年4月21日土曜日

鈍感な人間


 先日、昔、昔、48年前に亡くなった同級生のことを夢に見た。彼女は小学校5、6年の時のクラスメートで、僕が委員長をした時は、副委員長、副委員長をした時は委員長と交互に代わるような関係だった。成績がよくて、私立の女子中学校に行くとばかり思っていたが、どういう訳か地元の公立中学校に進学した。僕は、中学校が遠方だったので毎日6時に起きて、朝650分くらいのバスに乗った。中学一年の秋ころだったか、近所のバス停で待っていると、一度だけ彼女を見た。彼女はこちらのことを気づいていないのか、そのまま通り過ぎた。その半年後、小学校の知人から彼女が腎臓病、ネフローゼで亡くなったのを知った。僕の実家の2軒隣の病院で亡くなったという。わずか13歳の命だった。

 夢の中では20歳くらいに成長した彼女が教会の椅子に座っていた。「びっくりした。死んだとばかり思っていた」というと、彼女は笑って「死んじゃいないよ。今は名古屋の住んでるの」という。彼女は小学校の時は、非常におとなしく、ほとんどしゃべったことはなく、夢の中での饒舌な彼女に驚き、大人になって変わったなあと夢の中で思った。妙にリアリティーのある夢で、久しぶりに旧友になったような幸せな気持ちになった。

 この歳になっても、自分でなさけないと思うのは、人の気持ちにあまりに鈍感なことである。彼女の場合も、クラスの女子は皆、病気のことを知っていたと思うし、男子でも何人かは知っていたのだろう。ただ僕は全く知らなかった。亡くなるまで一切知らなかった。一番、残念に思ったのは、僕の実家の二軒隣の病院に入院し、亡くなったことだ。それこそ歩いてものの1分で会えた。少しでも彼女の病気のことを知っていれば、友人に聞くなりして小学校卒業後も彼女の経過を知っていただろう。彼女も広瀬歯科医院と看板があるので僕の家のことは入院中も知っていただろう。

 中学から高校まで毎日、六年間一緒に阪急電車で通学した友人がいる。数年前に彼と久しぶりの会った折、中学3年のころ母親が亡くなり、当時、父親と対立し、精神的にかなりやばかったことを初めて聞いた。この話を聞くまで、全く彼がそうなっていたことは気づかなかった。鈍感な人間である。表面的に何事もないように振る舞っていても、敏感な人であれば、彼の気持ちの乱れはわかったであろうが、僕はその後、30年以上経つまで気づかなかった。我ながら、人の気持ちがわからない鈍感な人間である。

 話が変わるが、テレビ朝日の女性記者が、財務省次官のセクハラを週刊新潮で暴露した。色々な問題はあるが、なぜテレビ朝日では自社の女性記者の訴えを取り上げなかったのか、疑問である。上司は女性であったという。先日、弘前の弁護士に聞いたところ、元財務次官が週刊新潮を名誉毀損で訴えれば、ほぼ勝つ(政務次官が)という。30年程前、ロス疑惑で三浦和義さんが殺人などで多くのマスコミで取り上げられた。その後、三浦が名誉毀損でマスコミ相手に数百の裁判を行い、ほとんど勝訴した。これが今でも判例となり、今回の週刊新潮の場合、民事では名誉毀損で勝てるようだ。調べると週刊新潮は多くの事件において名誉毀損で負けている。というより名誉毀損で百万円くらい払ってもまったく気にしない会社なのである。それに引き換えテレビ会社はこうした無法な方針は取れないので、女性記者のセクハラ問題を無視したのであろう。今回の場合も元財務次官は職を失ったばかりか世間的評判は一気に落ちた。これを金で換算するとどれくらいになるかわからないが、これまでの判例では支払額は数十万円から百万円くらいとなる。これが数千万から数億円になると週刊新潮でもこうした記事は書かなかったと思われる。

 セクハラといのうは、本人の気持ちの問題であり、同じ言い方をしてもセクハラと捉える女性もいれば、全く気にしない女性もいる。私のような鈍感な人物は、よくよく注意しないといけないことである。

2018年4月12日木曜日

ホームページと矯正歯科料金


 最新の医療広告のガイドラインによれば、矯正歯科のような自由診療を広告する場合、“公的医療保険が適用されない旨と標準的な費用の併記が必要”となっており、さらに“標準的な費用は、窓口で実際に支払う費用の総額がわかるように記載”となっている。他より安い、半額といった費用を強調した品位を損ねる内容のものは厳に慎むべきとしている一方、費用に関する事項は患者にとって有益な情報であるので、必ず記載しなくてはいけない。ここでいう標準的な費用というのは、その地区、東京での平均の値段ではなく、その医院の平均的な費用のことを指す。治療法によって費用が違う場合は、例えば唇側矯正治療はいくら、舌側矯正治療はいくらとおおまかな費用を記載する。実際の治療に入って、ホームページあるいは説明時と費用が違うと患者は困るため、そうしたことがないように標準的な費用をきちんと記載する。

 さらに今年二月に発表された指針では“自由診療は保険診療として実施されるものとは異なり、その内容や費用が医療機関ごとに大きく異なり得るため、その内容を明確化し、料金等に関するトラブルを防止する観点から、当該医療機関で実施している治療等を紹介する場合には、治療等の名称や最低限の治療内容・費用だけを紹介することにより国民や患者を誤認させ不当に誘引すべきではなく、通常必要とされる治療内容、標準的な費用、治療期間及び回数を掲載し、国民や患者に対して適切かつ十分な情報を分かりやすく提供すること。標準的な費用が明確でない場合には、通常必要とされる治療の最低金額から最高金額(発生頻度の高い追加費用を含む。)までの範囲を示すなどして可能な限り分かりやすく示すこと。また、当該情報の掲載場所については、患者等にとって分かりやすいよう十分に配慮し、例えば、リンクを張った先のページへ掲載したり、利点や長所に関する情報と比べて極端に小さな文字で掲載したりといった形式を採用しないこと。”となっている。

 全く知らないレストランや飲み屋で料金表がないとどうであろうか。相当、不安になるであろう。最近ではインターネットなどで大体の値段を知ってから店に行くので、それほど料金で不安になることはないが、昔は旅先で、食べる、飲む場合、知らない店の暖簾をくぐるのは大変勇気がいった。

 保険治療は全国共通で、なおかつ3割負担であり、その費用をいちいち患者に説明する、あるいはHPに記載する必要はないが、自費診療の費用については、レストラン、飲み屋の料金表と同じく、医院によってかなり違い、さらに患者にとっても最も関心のあるところであり、厚労省もインターネット広告では必要な情報と認知している。もっと言うなら、歯科ではインプラント、矯正治療をホームページで宣伝する場合は、必ず標準的な費用を明示すべきとしている。患者にとって矯正治療にいくらくらいかかるかは、ホームページから得られる最も重要な情報であると言ってよい。ところが実際に歯科医院のホームページに標準的な矯正料金を記載しているところは多くない。

 個人的には矯正治療を普及させるためには、ことに料金的なトラブルはできるだけ減らしたい。そのためにはホームページ上には標準的な料金表は必ず載せるような歯科医師会などで指導すべきであるし、転医、中断の場合の料金の清算、再治療の料金無料、低額などについても、どこの歯科医院で矯正治療を受けても普通になってほしい。歯科医院によっては、矯正治療は難度や治療法によって費用が違い、それをすべて記載するのは難しいというが、実際、治療を始める前に患者には料金の説明をするのだから、大まかな費用は書けるはずである。多くの矯正歯科医院の料金体系では、相談料、検査診断料、基本治療費、保定装置料、調整、観察料なので、2、3年間の治療費の総額は大体、決まる。一期、二期にわける場合は、中には一期のみで終了する場合もあるが、それでも一期、二期のそれぞれの基本治療費は記載できる。さらに調整料、観察料をとらない一括料金制をとっているところは、舌側矯正、インビザラインなど特殊な治療法の加算以外は、患者、期間によって変わらない同一料金となる。問題は装置別の料金をとっているところである。この場合、総額を提示するのは非常に難しく、個々の装置の費用を掲載することになる。そもそもこうした料金体系は患者に最終的にいくらかかかるかわからないため、あまり良い方法ではなく、大学病院でも私立の歯科大学の多くは一括料金になっている。残念なことに国立大学では未だに装置別のところが多いが、それでも成人、子供、治療法による平均治療費は簡単にでるし、細かく言えば平均と最小、最大、標準偏差は出るので、むしろそうした数値をホームページに載せるべきであろう。

2018年4月9日月曜日

矯正治療の主流 マルチブラケット法


 歯の一本ずつにブラケットと呼ばれる矯正装置をつけて、ワイヤーやゴムを使って歯並びを治す治療法をマルチブラケット法と呼びます。他にも多くの治療法がありますが、このマルチブラケット法が矯正治療の主流であり、私のところでの治療では7割はこの治療法です。おそらく全世界の矯正専門医歯科医院においてもこの比率は変わらないか、もっと高いかもしれません。すなわち、矯正治療の主たる治療法は、このマルチブラケット法であることは間違いありません。

 なぜこの治療法がメインの治療法かというと、応用範囲が広く、一本、一本の歯、あるいは歯列全体を移動し、最終的には理想咬合にもっていくには最もふさわしい治療法なのです。オリジナルは1920年代にアメリカのアングル先生により開発されました。当時はすべての歯にバンドを巻いて装置をつけていましたが、これは日本人の誇りですが、東京医科歯科大学の三浦不二夫先生の発明によるダイレクトボンディング法の発明により、ブラケットを直接、歯に接着できることができました。そのため今では金属のブラケットに代わって透明、白いブラケットが登場しましたし、外からは見えない舌側矯正もできました。アングルの発明以来、百年、手間や患者への負担は減りましたが、基本はほとんど代わっていません。インビザラインなどマルチブラケット法に代わる方法もでてきましたが、未だに主流とはなっていません。

 そういう訳で、20年程前までは矯正治療=マルチブラケット法で、一般歯科医に対する講習会もほぼマルチブラケット法の講習会でした。私も鹿児島大学にいた頃は、何度か講習会で教えました。ただマルチブラケット法の修得は本当に難しく、当時も教えはしたのですが、難しく、講習会終了後の感想を求めると、難しくてできませんという声が多かったと思います。まずブラケットの種類だけで数百種類以上ありますし、矯正材料メーカーの厚いカタログの大半はマルチブラケット装置に関係するもので、メーカーも十以上あります。このカタログを理解できるために大学の矯正歯科の医局に2年以上、在局しないと無理でしょう。

 こうしたこともあり、20年程前までは矯正歯科治療は、矯正歯科医院でするという流れでしたが、20年程前から床矯正治療の人気が出てきました。床矯正治療はもともとマルチブラケット法が日本に上陸する1960年までにやられていた古い治療法で、ヨーロッパでも1970年ころまでやっていました。比較的簡単な方法で治療できるため、日本で最後までやっていたのは大阪歯科大学で、1980年代までしていました。今では全国の矯正歯科、あるいは欧米の矯正歯科で床矯正歯科がメインになっているところはありません。25年前に矯正歯科治療と顎関節症の因果関係、すなわち矯正治療をすることでアゴが痛くなったという訴訟があり、その際の被告人の証人として歯を抜かない、取り外しのできる装置を使っている極めて稀な矯正歯科医が登場します。結果は忘れましたが、当時、アメリカ矯正歯科学会はやっきになって矯正治療と顎関節症の因果関係を否定しました。

 現在、歯科雑誌をみていても、一般歯科向けのマルチブラケット法の講習会は減っています。それに代わってマルチブラケット装置を用いない機能的矯正装置、床矯正装置、拡大装置、あるいは機能訓練などの講習会の人気があります。こうしたマルチブラケット装置を使わない治療法は有効な場合もあるとは思いますが、欧米、日本でも一番、不正咬合の治療に従事している矯正専門医が使わなくなったのは、適用範囲に無理があるからです。そのため日本矯正歯科学会でも抜歯、マルチブラケット法の症例を認定医、専門医の課題として審査しています。もちろんマルチブラケット法ですべての症例は治療できませんが、これに外科手術を併用することで、ほとんどの症例の治療が可能になります。一方、マルチブラケット法を使わないで、機能的矯正装置、床矯正、拡大装置、機能訓練だけで専門医試験にパスするような咬合状態になるには経験上20%はいかないと思います。マルチブラケット法ができないで矯正治療を行う歯科医は、問題があると思います。

2018年4月7日土曜日

弘前市長選挙


 現在、弘前市は市長選挙真っ盛りで、三人の候補者が連日、選挙活動をしている。結果は明日わかるが、無選挙で選ばれるよりは、こうした数名の候補者の中から選ばれた方が緊張感があってよい。昨今、東京都知事ではないが、国会議員や大臣よりは地方自治体の首長の方に人気がある。大臣であっても、国家の予算編成に口を挟みにくいが、市長、町長はそうしたことができるし、また役人の人事権も掌握でき、かなりやりたいことができる体制となる。実際、弘前市でも前の市長が何もしない方だっただけに、今の市長の行動力があり、次々に新しい事業が起こしている。お隣の青森市やむつ市も、同様に若い市長となったとたん、だいぶ変わってきた。こうしたトップの影響力の強いのが地方自治体である。

 私も弘前市の公務員とつき合うことがある。皆さん優秀な方が多いが、一方、民間に比べて責任が及ぶことを極端にいやがる。数年前になるが、台北経済文化代表処から弘前紹介の資料をもらう依頼を知人からあった。代表処というと大使館の相当するところであり、弘前市としては最大限の協力をすべき相手である。ところが弘前市の観光課に行き、そうした経緯をしゃべると、若い職員は丁寧に対応していたが、奥の椅子に座っている上司はこちらの話に聞き耳を立てているが、全く席から立とうともしない。自分を売り込むいいチャンスだが、変なことに巻き込まれるのを嫌い、何もしない。何かして問題を起こすよりは、何もしない方が怒られない。同じことは、文化センターで講演をした時もあり、講演に対する係員の対応にかなり怒ったことがある。電話で何度も確認しているのに講演当日、全く準備ができていなかったのである。事務室で、電話をとった職員と担当の職員を並べて怒ったことが、その時の彼等の上司は後ろの席に座って全く立とうともしない。いずれも触らぬ神に祟りなしか。

 民間企業でも何もしない社員はいる。ただ何もしない社員が昇進することは少ない。企業は、成果をあげて会社の利益に貢献することを社員に求めるため、何もしないで利益をあげない社員は一部の職種を除き、お荷物となる。一方、市町村、県の職員には、利益をあげる必要はなく、具体的な成果を求める必要性も少ない。民間会社では、今年度の売り上げ予想をして、それを達成するための戦略をたて、社員に徹底するが、公務員では、市長などトップがビジョンを立てて、それを下が実行する構図となる。腰が重い公務員を立たせることは難しく、長年培われた役人根性、いかに平穏に仕事するか、を打破するためには、トップの強いリーダシップが求められる。公務員にとって、最もよい環境は、今までの仕事をそのまますることである。毎年の行事であっても、昨年と全く同じやり方でするのが一番楽である。それを今回は変えようと言い出すと、多くの反対意見が出て、つぶそうとするし、協力を得られない。新しいことをするのを極端にいやがる体質なのである。とくにこうした傾向は、古株の上司に強く、上が新しいことに興味なければ、若手はそれに染まる。こうした公務員の上に立つ市長も大変である。

 一方、市民においても、問題があれば積極的に発言すべきで、以前、弘前図書館に本のデジタル化のために、書籍を簡単にスキャンできるScanSnapという機種を寄贈しようとして、断られたことがある。それほど高いものではないが、その時はコピーする人手がいないので、有難い申し出だがと丁重に断られた。ただ最近、図書館でも本のデジタル化が進められ、その一環として、この機種を購入し、係員が隅の方で貴重本をコピーしている姿をみる。また文化センターでもプロジェクターが古くて、新しいコンピューターと接続できず、学会などを盛んに誘致しているのに、ハード面がおそまつであると訴えると、すべて新しい機種に変更された。理不尽なクレームでなければ、市の方も市民の声には反応する。東奥日報の明鏡欄や市役所への投書でもよいし、市会議員を通して市へ要求してもよい。意外にこうしたブログも誰かが見てくれて、どこかで意見が実現することもある。

2018年4月4日水曜日

Go Go Ohtani go.go






 大谷翔平選手、すごいです。大リーグでの二刀流の活躍は、漫画のような筋書きで、これからどうなるか、今年一年、毎回楽しみです。これで10勝、10H以上の活躍ができれば、歴史に残る選手になります。大谷選手と言えば、まっさきに入場のテーマ曲として推薦したいのが、チャックベリーの”Johnny B. Goode”です。この曲の“Go go Go Johnny go,go”がどうしても、”ゴーゴー大谷ゴーゴー“と聞こえます。これはいいぴったりの曲だと、家内に自慢げに聞かせると”ゴーゴージョニーゴー“にしか聞こえないという。どうでしょうか。私だけの空耳ということなのでしょうか。Back to the Futureでもこの曲を歌っていたと思い、You tubeで見ると、やはり”大谷“としか聞こえません。少し替え歌にして”Go go Ohtani go ,go”にすれば、ファン皆に覚えられると思うのですが。

 昔、タモリクラブの“空耳アワー”に何か応募しようと、色々な曲を聞いたのですが、大変な手間です。診療中のバックミュージュクに民族音楽などあらゆるジャンルの曲を流します。数年前から聞いているのがフランスのRadio tune”という音楽サイトで、低価格で高音質の曲が聞けます。これを診療中に流し、空耳と感じたら、I-Pad上のアルバムと歌手をチェックします。あとでYou-tubeなどで検索します。一度、これはと思った曲(題名は忘れましたが)をタモリクラブに送りました。もちろん採用されませんでしたが、意外にハガキに曲のどこの部分がどういう風に聞こえると説明するのは難しいものです。例えばイタリア、カンツーネの大御所、ジジリオーラ チンクエッティの“Zum Zum Zum”も”そーなれ そーなれ ズン ズン“としか聞こえませんが、これをハガキで説明するのは”The Best of Gigliola Cinquetti“の8番目の”Zum ZumZum”20秒後が”そーなれ そーなれ“に聞こえます”としか書けません。さらに大変だと思うのが、テレビ局の担当者で、全国からくるハガキ、手紙はおそらく数百枚になると思うのですが、これだけはCDで確認しなくてはいけません。普通に考えれば大変な手間のようですが、何かいい方法があるのでしょう。

  空耳はおもしろいもので、知人のアメリカ人は“弘前”は英文では”Hirosaki”となるが、発音的には”Hidosaki”に近いといいます。日本人からすればこれでは“ヒドサキ”になってしまい、“ヒロサキ”とは全く違うと思うのですが、外人から聞くと同じように聞こえるのでしょう。家内が韓ドラを見ているので、自然に耳に入るのですが、ドラマの中で日本語が聞こえます。ハングルには日本語由来の言葉が多く、発音もそのままのものがたくさんあり、空耳に聞こえるのでしょう。