2017年8月16日水曜日

未来の歯科医療


 私のところでは、開業以来(1995)、マルチブラケット装置では、大臼歯はバンド、それ以外の小臼歯、前歯はブラケットを使っていた。それがここ数年、大臼歯も含めてすべての歯にブラケットをつけるケースが多くなった。それまで第一大臼歯の90%は何らかの処置、インレーやレジン充填がなされており、充填用レジンとブラケット用接着レジンの相性もあり、なかなかボンディングできなかった。ところが最近は第一大臼歯にウ蝕がない場合が多くなり、大きな大臼歯用ブラケットを使うことが多くなった。

 さらに矯正歯科に来るのが、生まれて初めてという患者さんもここ2、3年現れるようになった。比較的、全国的にウ蝕の多い青森県でも、このような状況であり、東京などの都会では、中高生の半分くらいはもはやウ蝕はない。こうした子供達は大きくなっても、ウ蝕ができることはなく、ようやく歯科治療が必要となるのは歯周疾患が問題化する中年以降であり、それまでの主とした歯科経験は矯正歯科ということになる。

 こうしたことは欧米でも以前からそうであり、未成人では医療保険でカバーされている歯科健診は受けるが、それ以上の治療は矯正治療以外、ほとんどない状況になっている。つまり歯科健診以外で、未成年者、学生が実際に歯科治療を受けるのは矯正歯科だけとなる。大雑把な個人的な推論で言えば、今後、230年後には、歯科健診を除いた実際の歯科治療の総数は今の半分以下になろうし、処置のグレードもより小さな、簡単なものが多くなろう。現在、8020運動はほぼ達成され、今度はさらに、ほとんどの人が80歳になっても20-28の歯があるだろう。こうした時代になれば、補綴、エンド処置は激減し、保存処置、歯周治療が残るだけだろう。

 現在、歯科医師国家試験合格者数、つまり新らしい歯科医数は年間2000人、私たちの頃は3000人を越えていたから、ここ30年ほどで2/3くらいになっている。実際の患者数、処置数が230年後に半分になるのであれば、さらに歯科医師数も半分でいいわけで、合格者数をさらに減らして、1000名以下にすべきであろう。歯科医師会は診療報酬の増加を常に叫んでいるが、その前に疾患そのものが減少し、歯科医同士で少ないパイを取合う競争がますます激化するであろう。実際、弘前で開業していた22年前は、年配の先生を中心に90%くらいが紹介患者であったが、最近では50%以下で、患者からの紹介が多い。他の矯正歯科医への紹介が多くなったことによるが、若い歯科医では紹介しないで、自分のところで取りあえずやってみるというところも多い。患者数が少なくて、紹介する余裕がないからであろう。

 最近では歯科疾患と全身疾患を結びつける傾向がある。歯周疾患が心臓疾患、脳血管疾患や糖尿病と関係するというものだが、こうした研究をするドクターには悪いが、私自身あまり信じていない。統計的な関係性はあると思うが、例えば歯周疾患— ○○○—○○○—○○○—心臓疾患というように間のファクターが多く、逆に歯周疾患を治療しても変化は少ないと思われる。う蝕が少なくなったころから、新たな歯科治療の必要性として日本歯科医師会が大規模に提唱したものである。ただ食欲、食事は人間にとって非常に大事なものであり、歯の存在は大きい。今後は、死ぬまで自分の口で食べたと思う人は多く、そうした意味では、老年期の歯科医療にこそ、未来の歯科の主力となるのであろう。

2017年8月12日土曜日

矯正歯科の標準治療




 今年の622日に亡くなった小林麻央さんは、乳がんの標準治療を断り、気功などの代替療法のため、命を速めたとの論調が多い。手術も、副作用も多い抗がん治療を受けたくないという気持ちはわかるし、仮に乳がんの標準治療を受けたとしても結果はどうなったかはわからない。また麻央さんが受けた代替療法、気功治療や水素温熱免疫療法が全く効果はないとは言えないであろう。そうでなければ、こうした診療所に患者は来ない。

 ここでの標準治療とは、乳がん患者の治療を多くする大学病院、大病院で一般的に行われて治療法であり、当然、学会でもある程度はコンセンサスの得られたものである。先生のよって多少は治療法や考えが違っても、ある範囲の中でのことで、大きな差はない。保険診療は、こうした標準治療を形にしたものであり、基本的には標準治療はすべて保険適用となる。その効果が科学的に立証されているが、まだ治験段階のもの、例えば陽子、重粒子線治療などは、完全に保険治療とはなっていないが、代替療法とは言えない。

 こうした標準治療は、当然歯科でもあり、歯周病学会、歯科補綴学会、口腔外科学会でもガイドラインとして学会の推奨する治療法、標準治療が提示されている。日本矯正歯科学会でも、上顎前突のガイドラインが作られ、順次、他の不正咬合のガイドラインを作ることになっている。

 矯正歯科の領域で、こうした不正咬合のガイドラインとは別の基本的な標準治療は、何と言ってもマルチブラケット装置であり、世界中の矯正歯科医でマルチブラケット装置を使わない先生は一人もいないと断言できる。アメリカの矯正歯科医では、ヘッドギアーや急速拡大装置なども一部補助的に使うだろうが、治療の90%はマルチブラケット装置を使う。ヨーロッパでは、これに機能的矯正装置の頻度が増えるし、日本ではさらに上顎骨前方牽引装置やリンガルアーチーが加わる。それでもマルチブラケット装置が主体となる。

 日本では、一部の一般歯科医の中には、マルチブラケット装置を一切使わない、床矯正、機能的矯正、急速拡大装置でなおすという先生がいるが、これは矯正歯科での標準治療では決してない。すでに述べたように矯正歯科の標準治療はマルチブラケット装置を用いた治療法なのである。これなしでは、多くの患者さんの主訴を治すことは決してない。現在のような情報過多の時代にあって、インターネット上では実にさまざまな治療法が提示されているが、こうした標準治療法というのは、あたり前すぎて人目をひかず、むしろ特殊な治療法が多い。それで集患につなげようということもあろう。


 矯正治療の標準治療は、永久歯完成までの早期治療では、種々の治療法が提唱されていて、その効果については何とも言えないが、それでも多くの症例ではマルチブラケット装置による治療が必要となる。歯科医師がマルチブラケット装置による治療ができなければ、矯正治療は無理であり、逆に言えば、患者はマルチブラケット装置による治療なしでは矯正治療は難しいことを知ってほしい。ガン治療における外科治療、化学療法あるいはその両方に匹敵する治療法がマルチブラケット装置による治療である。

2017年8月7日月曜日

適正価格とは



 私の昔出した「新編明治二年弘前絵図」がアマゾンにて一時15000円で売られていた。定価は1800円で、あまりの高さに驚いたと同時に、こうした値段をつける古書店に憤慨した。おそらく2300円で仕入れ、それをひょっとすれば高く売れるかと思い、こうした法外な値をつけたのだろう。ほとんど損傷のない状態でもせいぜい1000円くらいが適切な価格であるが、こうした値段でも売れたのか、次に出した「津軽人物グラフィティー」も5000円くらいで販売していた。ただこの本は売れいきは悪く、未だに完売していないので、せっかく1800円で仕入れても高くなることはなく、残念でした。

 先日、近くの古書店で笹森儀助の明治27年の「南島探験」を2000円で購入したが、沖縄の古書店では9万円、東京では13万円で販売している。これも全くマニアを対象とした価格であり、仕入れ値は数百円であると思うが、それに儲けを随分のせて販売している。よほど弘前の古書店の方がまっとうな商売をしている。最近では古書も一部のオタクを対象にしているのか、適正な価格というよりは、万が一売れたらという価格設定をつけることが多い。

 またこれも最近の話であるが、たまに買う「Discover Japan(2017.8 北欧はニッポンから学んでいた)を読んでいると、フィンランドのイラストレーターのマッティー・ピックヤムサの特集をしていた。カラフルで優しい絵に興味を引かれ、一体いくらくらいで売っているかとインターネット上で検索すると、神戸の雑貨屋で、絵本や雑誌で使った原画を販売していた。通常、原画といえども肉筆で、一点ものなのでかなり高い。ところがこの作家の原画が1万円前後で売っていた。早速、フィンランドのダイエット雑誌「KG」で使ったイラストが8000円で購入した。あまりの安さに最初はコピーかと思ったが、送られてきた現物を見ると完全な肉筆で、驚いた。おそらく作家はすでに雑誌社から謝礼をもらったので、懇意にしている日本の雑貨屋に非常に安い価格で譲ったのであろうし、それをお店ではあまり法外でない値付けをした結果、こうした値段になったのであろう。うちの母親の絵は、アマチュアの絵なので、気に入った人にはタダであげているが、銀座で個展を開いたときは、10万円以上の値をつけるように言われた。間に画商のような存在が入ると、作家の思惑とは全く関係なく、作品の値段が付くのであろう。

 値段がどうように付くのかは、オークションなどで見られるように、ほしい人が多ければ値段が上がる。例えば、以前安く購入した南雲忠一大将の書が、最近、ヤフーオークションに出され、114000円で落札されたが、これも法外な値段であり、意外に数は少ないとはいえ、他の日本海軍の将官の書でみると、せいぜい2、3万円くらいである。二人の競り合いで値段が上がったようだ。ロレックスの時計も気違いじみた値付けで、40年前のものでもコンデションがよければ2030万円前後で売買され、これは当時の購入価格をかなり上まわっている。オメガやセイコーの同時代のものが2 3万円で、これはまともな値付けで、ロレックスは異常である。

 地方に比べて東京のマンションの値段はもはや、同じく適正な価格とは言えない。土地価格は色々な評価法があるが、その部屋を賃貸で貸して、長くても20年以内の賃貸代で支払いを完了すべきであり、理想的には10年くらいがよい。人気のある東京目黒で見てみると60平米の賃貸で約25万円、年間で300万円、ずいぶん高い物件であるが、これでも20年で6000万円、この規模の新築マンションの相場が7000-8000万円なので、少なくとも25年近くかかる。本来なら家賃が上がるべきであるが、そうならないのは空き部屋になるからで、つまり投機的な価格が上乗せされている。

2017年8月3日木曜日

ニューバランス990(4E)   LLビーンより購入

赤の部分の糸がほつれて、縫い合わされていない

新しい990   4EはDよりワンサイズ下に



 ニューバランスのスニーカーは、996を数年前に買ったが、かなりくたびれてきた。そこで新しいスニーカーをと考えていたが、どうしても前よりはいいものをと考えるのが人情で、そうするとニューバランスで言えば、99013001500などが候補になるが、いずれも2万円以上の相当高価なスニーカーとなる。たかがスニーカーに2万円以上だすのは気が引け、そのままにしていましたが、日常的に実際に履く靴となるとほぼスニーカーで、2万円以上で買った革靴は年に数回しか履かないことを考えると、2万円以上のスニーカーもあながち贅沢ではない。

 ただ靴だけは一度履いてみないとわからないので、極力、通販では買わないようにしているが、青森にはニューバランスといっても高いものは売っていないので、通販で買うしかない。作年の冬、LLビーンでジャケットが安かったのでネットで注文したが、商品がないまま、数ヶ月すぎ、そのうち、お詫びのハガキとともに2000円のギフト券が送ってきた。少しずつ貯めたへそくりもあったので、思い切って、LLビーンの通販でニューバランス990を購入した。他にも多くのショップでも扱っているし、ニューバランス直営のネットショップもあるが、どこも値段は同じで、2000円分安くなるので、LLビーンから買うことにした。アメリカからの発送だったので、1か月くらいかかり、その後ももったいないので2週間ほど箱に入れたままにしていたが、晴れた日に初めて30分ほど歩いてみた。軽くて履き心地はいいのだが、やや大きい感じがして、階段を上がる場合にかかとが脱げそうになる。ニューバランス996は幅がD(E普通)でサイズが9.5だったが、これは幅がやや狭く、靴自体もかなり横に変形しているので、990では4Eという幅広のサイズもあるので、9.54Eを注文した。サイズはやや大きく、9.0の方がよいかと思ったが、交換も面倒なので、そのままにしようとしていたが、ふと靴をみると、右靴の側面が1cm以上ほつれていて、縫い合わされていない。家内に相談すると、こんなに高い靴でこのほつれはあり得ない。すぐに交換しろというが、30分以上は履いたものだけに交換には躊躇したものの、LLビーンに連絡すると、すぐに交換するので、着払いで送ってほしいと丁寧に対応してもらい、感激した。

 ニューバランスの靴はアジアで作ったものよりアメリカ、イギリスで作ったもの方が価値あるように思われているが、実は中国、ベトナムなどで作ったものの方がよほど丁寧で検品も厳しい。今回のようなほつれは、今や5000円くらいのスニーカーでもあまりなく、私にすれば、2万円以上の靴でこうした欠陥がある、あるいは検品もれするのは、いかにもアメリカ的である。少し欠陥があっても絶対にダメだというのは日本の企業だけで、うちの娘はアパレル関係に勤めているだけに、こうした状況はよく聞くが、例え500円のものでも、縫製に問題があれば、全品返品するだけに、検品を相当厳しくしている。まして2万円以上の高級品は最高の商品チェックを行っている。

 本日、無事に新しい990が届いたが、これもじっくり見ると2mmくらいの糸の飛び出しがある。ほつれにはなっていないが、まあラフなアメリカ人の仕事はこんなものであり、大切に使っていきたい。スニーカーを含む靴の海外からの輸入には30%の関税がかかる。同和問題と関連して靴には高関税がかかっているが、さすがにこの時代にこれを続けるのは無理で、近々にアメリカ製の靴も安くなるのだろう。