2017年1月3日火曜日

戦後72年目を考える



 60歳の還暦を迎えることで、ちょっとうれしいのは、もはや自分も老人の一員になり、ある意味、老人が怖くなくなった。若い時分の老人と言えばすべて戦争経験者で、戦争経験のない若造がと言われれば返す言葉がなく、ただハイハイと聞くしかなかった。ところが戦後、70年以上たつと、実際に戦地に行って戦った人たちは、ほとんどはいなくなった。先日もコメンテーターが「私のように戦争を経験した世代からすれば」と平和の意義を滔々としゃべっていたが、後で調べるとこのコメンテーターは戦前生まれであるが、終戦時で6歳、何が戦争経験者と偉そうに言えるのか、笑った。

 わたしが生まれたのは、1956年、その72年前と言えば、1884年、明治17年。日露戦争が始まったのが、明治37年(1904)なので、当時の主戦闘員が20歳前後とすると、私が10歳ころにはまだまだ日露戦争の経験者がいたことになる(82歳)。大東亜戦争で言えば、私が10歳の時、主戦闘員は45歳で、社会の要職につく大人はほぼ戦争経験者であった。
 私の父も昭和172月に現役兵として入隊、その後、幹部候補生を経て、関東軍に配属され、昭和1812月に少尉となり、ソ連国境に配属された。終戦後に捕虜となり、モスクワ南のマルシャンスク捕虜収容所に昭和235月までいて、ようやく614日に舞鶴に到着した。捕虜生活も含めると、外地に63か月いたことになる。少尉任官から1年たつのでポツダム中尉に。さらに伯父さんは昭和初期に陸軍に入隊し、中国各地を転戦し、准尉で昭和1956月ころにインパールで戦死した。10年以上の叩き上げの軍人である。こうしたケースは、どの家でも当然で、別に話題にもしなかったし、戦友会では昔のことは色々としゃべったかもしれないが、家では戦争の話はしたことないし、他の人も大概はそうであった。

 こうしたこともあり、私らの世代は現実としての戦争のことは知らないし、靖国神社と言われても実感がないのが本音である。それ故、最近も稲田朋美防衛大臣が靖国神社を参拝に行ったが、本当にこの人は子供のころから靖国神社に参拝していたのか、どうも選挙用な偽善的な臭いがしてならない。ニュースになるということは前もって行くことをマスコミに知らせたからであり、行きたいならそんなことをせずに、だまって行けば誰にもわからないと思うのだが。

 韓国では若者が慰安婦問題で騒いでいるが、私の例で言えば、大学生ころに日露戦争の話をしているようなもので、この人たちは観念的な怒りで行動しているだけで、その頭には慰安婦そのものの具体的なイメージはない。大学生のころを思い出しても、日露戦争の兵士の怒りをわかるはずはない。実際に生存している慰安婦46名のうち、日韓合意支援事業による現金支給を受けたひとは34名、大部分の人は現実的な対応と妥協をしている。当事者が承諾していることを、周囲が反対するのは、歴史の観念化、政治化であり、もはや解決する事案ではなくなっている。


 過去は忘れるものではないが、過去を引きずり、観念的、政治的に対処するのはもっと悪い。オバマ大統領の広島訪問、安倍首相のパールハーバ訪問はそうした意味では正しい。とりわけ韓国の特異な性格を把握して、先に日本側の支援事業を終了して、韓国側に下駄を預けた政治手法はうまいやり方であった。

2 件のコメント:

フランツ さんのコメント...

広瀬先生
突然の書き込み失礼いたします。
小生の父は、海軍でしたが、調べてみると「ポツダム少尉」でした。父は、海軍技術科士官で、呉海軍工廠で終戦を迎えました。
実は、平成24年8月から、父の呉海軍工廠時代の足跡を調べて、一冊の本にしております。
題名は、「ポツダム少尉 68年ぶりのご挨拶 呉の奇蹟 第4版」と云います。
青森県は、青森県立に第2版、青森市立に第3版、八戸市には、第4版が登録されております。広瀬先生は、サッカーをされておられたようですが、サッカーファンなら必見の本でもあります。出来れば、第4版を御覧になって頂ければ幸いです。

広瀬寿秀 さんのコメント...

コメントいただき、ありがとうございます。
青森市に行く機会に是非、ご著書、拝見させていただきます。