2009年9月2日水曜日

忠霊塔



 禅林街にある長勝寺に母と家内と一緒に行ってきました。20年ほど前に一度行ったことがありますが、本堂が改築されていて前の印象とは違うようです。以前はもっと雑然とした印象でしたが、今回はすっきりした、いかにも禅寺といった感じになっていました。

 団体さんに紛れ込んで、ガイドさんの説明を聞いていましたが、あまりに熱心に色々なところを案内してもらい、無料で案内してもらうのもばつが悪く、途中拝観料を払ってきました。

 出口の山門の右手に高い塔が立っています。忠霊塔といって太平洋戦争で亡くなった人々を慰霊するためのものです。戦前、多くの県で忠霊塔や忠魂碑が作られましたが、戦後GHQの命令でこういった戦争を思い出す施設はほとんど取り壊され、日本でもこれだけ立派な忠霊塔が残っているところは少ないと思います。何でも仏舎利塔ということにして、GHQの命令を無視したようです。せっかく浄財を集めて作ったのに壊すのをおしかったのか、あるいはなんで戦争に負けたからといってすぐに壊さなくてはいけないのかと思ったのかもしれません。いかにも反骨の津軽らしいところです。

 案内板は大分さびが出て、読みにくいのですが、ノモンハンやニューギニアなどの激戦地の土や石を持ち帰り、それを壁の材料に使ったようです。一階はかぎがかかって公開されていませんが、以前行ったことのある人によれば部屋になっていて、写真などを展示しているようです。

 弘前城内の護国神社内にも多くの碑が立っており、英霊の御霊を重んじるつがるの人々のけなげな気持ちが偲ばれます。母親の兄、私のおじは下士官で、インパール戦で戦死しました。二等兵からの叩き上げで、中国戦線の後、インパールに転戦して、そこで亡くなりました。出征にあたり祖母はおじに「これでチャンコロを切ってはいけませんよ。チャンコロでもおとうさんもおかあさんもいるのだから」と言って、軍刀を渡したようです。また戦中、おじの戦友が祖母のところに来て、おじが戦死したと一旦報告したようですが、途中人違いに気づいて、再び祖母にさっき言ったのは間違いだったと訂正したようです。祖母は喜びのあまり、近所の八幡神社に飛んで行って、お礼に行ったようですが、帰るとうなだれて、戦死したひともいるのに私だけ、こんなに喜び、本当に恥ずかしい、とぽつりともらしたようです。結局は戦死し、ぬか喜びだったわけですが。

 私の父も東京歯科専門学校(現東京歯科大学)から学徒で出陣し、昭和16年に中国戦線、敗戦時は黒龍江のソ連国境付近におり、そのまま捕虜になり、モスクワ南方の捕虜収容所に2年間いました。都合6年間出征したことになります。戦争経験者の多くは口がかたく、この当時のことはめったに語りませんが、酔ったときなどに昔の話しがでてきます。本当に濃い記憶があるようで、細部にわたって記憶しています。戦争という生死がかかった状況は、何十年たっても鮮明な記憶としてあるのでしょう。

 忠霊塔の奥には、岩木山を眺める絶好のスポットがあるようです。今回は行きませんでしたが、天気のいい日に一度行ってみようと思います。

0 件のコメント: